無料ブログはココログ

2016年9月22日 (木)

恒例 東北行脚旅行

今年も東北に500円玉貯金を携えて行ってきました。

今年は台風がシルバーウィークに向けてたくさん押し寄せてきていたので
やむなく、新幹線で。

Img_0325

山形でぱぱさんに拾っていただきました。 pigニャーン

まずは、山形牛で再会をお祝いshine

Img_0331

ドーーーーーーーーン(≧∇≦)

Img_0334

満面のほほえみhappy02

Img_0335

お支払いは全部500円玉で(笑)

翌朝、天気は雨。rain
結構な降りです。

芋煮会ですが、果たして・・・・
ファミレスで軽く朝ご飯など食べながら、合流するふういさんと連絡取りつつ
お天気の様子伺い。

7時ころになると、雨が止んできました。happy02
予報的にも大ぶりにはならないと言うことで決行。

会場付近を通りかかると、続々と車が会場入り。

・・・あれ?もしかして会場に駐車できる???・・・

恐る恐る駐車場に入っていくと、ごく少数ですが車が置けることが分かりました。

雨予報で人も少なめだったのかもしれませんが、
ラッキーなことに会場わきの駐車場に車を駐車して、会場へGo!upupup

Img_0347

小雨が降ったり止んだりでしたが、合羽と傘のダブル装備で元気いっぱいなpigpigpig

小雨降る中、6mの大なべに巨大なふたが・・・

Img_0351

チケットは10:20からのなので、それまでは買い食いターーイム(≧∇≦)

Img_0362

まずはサンマ。

Img_0357

Img_0358

1匹400円はちと高い気がしたけど、
ま、お祭りだからいっか♪

もちろん、支払いは500円玉♪

Img_0369

まだ、本番まで時間があるので先に塩味芋煮から食べます♪
pigタベマス

Img_0363

よそってくれたおねいさんが肉を一杯入れてくれましたpig
肉がすきそうに見えたのかな・・・?

今年も自衛隊のバイクが来ていたので、制服も着せてもらって ブーーーーーン♪

Img_0372

そうこうしているうちに、芋煮のお時間となりました。
しょうゆ味。

Img_0367

あれ?前食べた時の方が甘みがあった気がするけど、ま、美味しいのでよし。

雨がしとしと降っているので、これにて解散となりました。

ふういさんは一路岩手までdash

私は芋煮会場のそばのミンタロハットに宿泊。
雨のため、車中泊予定だったぱぱさんもミンタロハットに宿泊することになりました。

まだ、時間があるので、山寺の♪おしょさんが♪で有名な立石寺へ。

Img_0377

頂上まで登ると・・・・1000段あるpigpigsweat02

Top_map

ので一番下にある根本中堂でお参りして、さっさと下山。pigpig

名物?さくらんぼアイスを食べることは忘れません。 シェーーchick

Img_0381

山寺駅は趣があります。
そして、結構、乗客が多い!!

Img_0386

身が重すぎて1000段も登れない2匹pigpigは駅から
山寺を眺めます。

Img_0388

そして、温泉が濃すぎて3分しか入っていられない!と言う百目鬼温泉へ。
eyeeyeeyeeyeeyeeyeeyeeyeeyeeye

Img_0396

見た目は思ったより普通ですが、確かにたった3分しか入っていないのに
いつまでもいつまでも体がホカホカしていました。

そして、本日のお宿「ミンタロハット」へ。

Img_0398

ずいぶんと前にバイク仲間が「すごくおすすめ」の宿として教えてくれて
ずっと行きたいと思っていたお宿です。

見た目は・・・と言うか見た目も中身もごくふつうのおうちです。
ただ、6LDK?くらい?のとても大きなおうちですけども。

玄関を入り、奥様が部屋と決まりを案内してくれます。

キッチンの冷蔵庫上半分にある食材や調味料は自由に使っていい。
朝ご飯のパンとかも自由に食べてください。

お風呂もシステムバス。シャンプーでもなんでも自由に使ってください。
でも、使ったら洗ってね♪
もちろんです。

そんな自由なお宿です。

ちょこっとお昼寝?をしたら、芋煮たちもすっかりこなれてお腹がすいてきました。

山形駅近くにあるどんどん焼きのお店「おやつ屋さん」へ。
あ!お店の写真撮り忘れた!

おばちゃん2人できりもりしている小さなお店。

クレープのように生地をうすくのばして、

Img_0399

注文した具を入れて、割り箸さして、くるくるっと巻いてできあがり♪

Img_0403

店内でも食べられますが、今回はお持ち帰りで宿でゆっくり食べます。

Img_0405

ただのうすっぺらいお好み焼き♪と調子に乗って3本も買ってしまいましたが
お腹パンパンです。 pigpigフゥ

お食事を終えたところに宿泊の人々が何名か食堂へ入ってきました。

ご挨拶をして部屋に戻ろうかと思いましたが、美人で元気なおねいさんと
その一味の会話が面白そうなので、しばし歓談を。

新宿から夜行バスで来たと言う美人なおねいさんと
宮城から来た朴とつした感じの給食作っていると言うおにーさん
広島からお父さんと2人旅の若者にマレーシアから来たと言う青年。

みなさん常連さんだと言う。
とても居心地がいいのだそうです。

うん、まだ、数時間しかいないけどわかります。

みなさん、このお宿が大好きで、いかに愛してるかを語ってくれます。

美人なおねいさんは宿のオーナーとフルマラソンしてきた。と。
完走時間が3時間30分と言うことで、あまりの速さにみなさんびっくり!

完走証明書を見せてもらいました。

ら、「男性の部」??? 男性?

あー、あまりに速すぎて男性の部に参加したのかな?
と思ったら・・・

「私、戸籍上は男なんです。」

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

と一人びっくり仰天!!! ナンダッテ???chick

が、周りの皆さん、至って冷静。
「あぁ、声が時々・・・そうかなー?って思ってました。」とか

私はぜんっぜんわかりませんでした。

が、お料理上手な彼女と給食作って手慣れた宮城のおにーさんが
冷蔵庫に入っているもので、色々作ってくれました。

お腹いっぱいでほとんど食べられなかったけど・・・

私は10時に部屋に戻りましたが、ぱぱさんは大いに盛り上がって
1時過ぎまで飲めや歌えで楽しんだようです。

翌朝、つわものどもが夢のあと的な静けさの中
一人でシャワーしたり、ネットをしていると、キッチンの窓でにゃぁcat
見ると濡れてショボショボになった猫が早く開けてくれと催促しています。

ホームページに3匹の猫を飼っていると書いてあったので
慌てて開けると、すぐに入ってきて流しに飛び乗って催促。

水が欲しいのかな?と蛇口をひねってあげたら、ゴクゴクゴクゴク
ずーーーっと飲んでました。

バスルームのシンクでくつろぐねこさん。

Img_0406

Img_0407

後で聞いた話ですが、この子はおトイレのしつけができてないので
本当は中に入れちゃいけなかったそうです。

でも、雨でかわいそうだから。いいねって。言うことになりました♪

美人おねいさんの「ここ(ミンタロハット)の芋煮は芋煮会の芋煮より全然美味しい!」の話に
ぱぱさんは11月の再会を約束していましたw

私も行きたいけど・・・レッスンがあるので、またの機会に・・・heart03

さて、本日は曇り空の中、宮城に向かいます。
そして、今宵は追分温泉でエボさんご夫妻ご合流です。
追分温泉のお食事はこれでもか!!って程出るので、ランチは控え目に。

石巻港?の中にあるお店でお刺身定食。 pigヒーカーエーメー

Img_0413

肉厚のお刺身んま~い♪

次は女川へ復興ショッピング♪

4年前?震災後、訪れた時、一面が草はらのようになっていた女川駅周辺ですが
今は駅が奥に移動して、きれいなショッピングモールになっていました。

まだ、建設途中と言う感じですが、今年末で商店街一周年となり、全ての工事が終わるそうです。

かわいい手ぬぐいがあったのでお土産に購入しました♪

そして、ここでさりげなく買ったずんだジェラートがとっても美味しかった。
また、食べに来たい美味しさでした。

Img_0421

もう!もう!食べません!ぜったいに!!!pig

お宿へ向かいます。

宿でエボさん達と合流して、
まずは温泉でお腹の脂肪をきれいに洗い流して晩ご飯です。

Img_0425

これにお刺身が2盛り!

Img_0427

Img_0428

天ぷらやシャーベットが来て・・・pigモー、タベラレマセン

今回も大満足なお夕食でした。

その後、男子部屋でぐだぐだして、今日は早めに就寝。

翌朝。雨crying
本当はこの日は4人で車中泊を楽しもうと計画していましたが、台風接近により断念。
1日早く帰ることになりました(涙)

でも、ただじゃ帰りません。
仙台のはらこ飯食べなきゃ、帰れない!!!

Img_0458

仙台空港の南にあるお店ですが、震災で流されて、しばらく前までは
別の場所で営業していました。
が、元の場所へ新しい店を建てて、今月から再オープン!です。おめでとうshine

お宿で朝食をたらふく食べたので、
はらこ飯ハーフ(にプラス500円ではらこ大盛りw)にしました。

Img_0456

Img_0455

満腹兄妹www

Photo

ぜ、絶対にダイエット!します!!

雨は強まるばかり、帰りの高速は土砂降りで、
つくづく今回はシェルパで来なくてよかったと、
ぱぱさんの助手席でうとうとしながら思ったのでした。

今回も盛りだくさん腹いっぱいの楽しい旅行になりました。
一緒に遊んでくれたぱぱさん、ふういさん、エボさん、hanabellさんありがとう。
また、美味しいことして遊びましょう。pig

~・~・~・~・~・~・~・~・

後記: 山形って将棋の国?みたいで、あちこちで老若男女将棋を指しています。
     これは山形の温泉で子供たちがやっていた将棋、私の掌ほどもありました。

Img_0330


2013年7月17日 (水)

四国・紀伊の国 珍道中 改 お天気ツー

海の日の3連休shineに1日 お休みを付け加えて四国、紀伊半島を旅してきました♪

土曜日お昼までのレッスンを終えて、
仲良しマイミクのぱぱさんのトランポにシェルパとぱぱさんのKLXを乗せて出発dashdash

Img_0122

今回の旅は初上陸の四国shine
徳島にある「日本一長い林道」と言われる剣山林道と美味しい海の幸が目的lovely

3連休初日の土曜日でしたが、昼過ぎと言う中途半端な出発時間がよかったのか
渋滞にはほとんど巻き込まれません。 rvcardash

が!途中、岐阜の辺りでしょうか、前がほとんど見えないほどの大雨!

Img_0126

私は隣の席にどっしりと座っているだけですので、
chick 「わー!すごい雨ですね~!」とかのんきなことばかり言ってましたが
運転するぱぱさんはさぞかし大変なことだったでしょう。

こうなると心配なのが野営地です。
今回、われわれは基本ホテル等を使わず、キャンプ+車中泊の旅の予定。
お天気にとても左右されます。

しかし、大阪を過ぎた頃からでしょうか、次第に雨は弱まり
四国へ渡る頃には雨はすっかり上がっていました。
と言うか、道路乾いていたので、四国は雨が降らなかったのでしょうか?

明石大橋?下には渦潮がぐるぐる・・・時間帯によるそうですが・・・しているそうです。

Img_0128

そして、四国初上陸~shine

ってか、午後埼玉を出て、夜の8時頃には四国に着いちゃうんですね~!
びっくり!

わたる君♪

Img_0130

橋は時間ごとにライトアップの色が変わります。
渡ってきた時は、緑色だったのに、今度は赤~青へのグラデーション。

Img_0134

夜遅くに予定の宿泊地に着き、わたくし車中泊、ぱぱさんキャンプの用意。
とは言っても、わたくしは役立たずなので、
お手洗いのところ巣立ち間近のツバメの赤ちゃんを見たり、のほほんと・・・ orz

もう少し、お役に立てるようになりたいものです・・・

四国は暑いと聞いていたので、冷えピタだの冷えひえグッズを揃えての
四国入りでしたが、なんと、この日は暑くも寒くもないちょうどいい感じで
ぐっすりと休むことができました。

翌朝sun、いい天気!バナナ1本だけ食べて、6時から剣山林道へ入ります!!

Img_0137

おや?心なしか体がシュっとしているような???
日ごろのダイエットのおかげでしょうか?
それともカメラマンがいいんでしょうか?
いえいえ、やっぱりモデルがいいんですね♪

未舗装部分の始まりで走行距離を記録。

Img_0140

徳島は・・・四国はなのかな?大きな岩がゴロゴロする川が縦横無尽に走っており
関東の景色とはとても違います。

Img_0141

いつも親切に先導をしてくれる ぱぱさんに導かれ
あんな道 こんな道を走ります。 horsechickdash

剣山林道は全長が87.7kmある日本で1番長いと呼ばれる林道です。
が、ここ数年はあちこちが崩落し、どっかしら通行止めになっているようです。

我々の行く先もほとんど全線に渡り、あっちでボロボロ、こっちでドサドサ
土や石が落ちていました。

あまり長い間、停車していなくない感じです。

でも!開けたところは最高な景色shine

Img_0150

途中、鳥居があり、登山道に続く道があったので見てみると、
杖がたくさん置いてあります。

Img_0157

では、少しだけ登ってみましょう♪ と言うことで杖を1本お借りして。

Img_0155

100mほどで 引き返したのはナイショです。 シーーッchick

こんな手作りの水のみ場があったり、とっても素敵なところです。

Img_0156

Img_0158

剣山林道はとても有名らしく、日本全国からオフローダーが来るのです。

Img_0160

そんなすごいところに、私でも来れたshine と感慨にふけっていると
クマ出没・・・shock

Img_0161

危険です!先を急ぎましょう。

そして、徳島のヘソ ポイントへ。

Img_0164

すばらしい眺望です。青い空に輝くシェルパshine

Img_0165

さて、山頂に近い場所での朝ごはんです。

Img_0171

きれいな景色と美味しい空気で食べるカップ麺はまた美味しさひとしおnote

剣山林道は全体的にフラットでとても走りやすい林道です。

Img_0176

Img_0179

しばらく行くと、通行止めの看板がありました。

Img_0181

pig 「行けるとこまで、行ってみましょう!」

もちろんです。

しばらく行くと、たくさんオフローダーの方々が溜まっています。

これ以上は行けなそうなので、無念の折り返し。
そして、雲行きが怪しくなってきたので、いったん舗装路を下って休憩所へ。

すると・・・雨がポツリポツリ・・・

ウソだっ!晴天神社にお参りしたんだから!そんなわけがない!!
とりあえず、お昼も過ぎていたので、お店で遅めのランチ。

カレーオムライス。

Img_0186

ボリュームたっぷりで、なかなか美味しゅうございました。

お腹が満ち、外を見てみると!
あら不思議!青空がのぞいているではありませんか!shine

これならば、剣山林道の反対側から、また登って、行けるところまで行きましょう!

クマに注意しながら。

Img_0189

Img_0192

途中でバンビちゃんにも遭遇。
まだ体に白い斑点が残る、おちびちゃん。
体を翻し、逃げるお尻が真っ白でキュートでした。

反対側は全線ほぼ全部斜面が崩落していて、
入り口側に比べ、ガレていましたが、ゆっくりゆっくり
転ぶことなく、走りきりました。

この日、未舗装部分だけで100km弱は走ったようです♪
 スゴイ?chick

夕方、基地にしていたしていた道の駅に戻り、
シェルパたちを積んで、徳島市内へ。

今晩はホテル泊です。
繁華街で、晩ごはんを楽しみます。

お刺身の群れ。
道の駅で宿を手配してくれた、おねいさんが
「はもは季節だから、ぜひ食べてみてくださいね。」
と言うので頼んでみました。

Img_0195

おいしかったけど、やっぱり生の方がいいな。
鯛がぷりぷりしこしこで超おいしかったheart04
あれなら、鯛10匹くらい食べられる!!

牛筋もスープまでとってもおいしく頂きました。

Img_0194

お腹がくちくなったので、すっかり眠くなってしまった私はホテルへ。
まだ、飲み足りない?ぱぱさんは夜の街へ繰り出していきました。

翌朝、早起きの私ですから、早朝散歩を。
ぱぱさんからは「昨晩、食べ過ぎて、まだお腹がいっぱいだから朝食はいいです。」との
メールをもらったので、一人でいそいそと徳島の町へ繰り出します♪

「四国に来たからには、讃岐うどんじゃ!」と、うろうろと探し回りますが・・・

chick 「あの・・・さぬきうどんは・・・?」
noodle 「えっ? さぁ、この辺には・・・」
chick 「さぬきう・・・」
noodle 「ないですねぇ・・sweat02

四国ならばどこにでも讃岐うどんが早朝からやっていると思っていたら
徳島はどうやら違うようです。

しょんぼりして、コンビニで朝食を買い、ホテルに戻って食べました。

そして、8時初のフェリーに乗船して、一路和歌山へ!! shipdash

Img_0204

痛フェリーです(笑)

Img_0206

和歌山ではわたしがバイクに乗り始めた頃からのマイミクさん
まーみさんと会うことになっています。

ポイントごとに連絡を入れながら、待ち合わせ場所の
和歌山 白浜海岸近くにある「とれとれ市場」へ向かいます。

和歌山はどこもかしこも山深く、関東平野に住む私には
両脇をずーーーっと山に囲まれて、とても異国な土地に見えました。

そんな景色に目を奪われながら、「とれとれ市場」に到着。
想像していたより、ものすごく大きな施設で
3連休最終日と言うこともあり、100台以上ある大きな駐車場がいっぱいな程
人・人・人・・・・

入り口で待つと言うまーみさんがうまく探せるか心配でしたが
すぐに、小柄で笑顔で待っている彼女を見つけました。

今までお互いmixiで話したりはしていましたが、
実際会うのは初めてなのに、初めての気がしません。

さっそく、市場でたくさんの海鮮を買い込み隣のBBQ海上へ。

自分で好きなものを焼けるのです!!

Img_0219

牡蠣、さざえ、巨大あさり、はものかまぼこ?に
鮎、ほたて、ムール貝などの串にたくさんのお寿司shine

このくつエビと呼ばれる、不思議なエビも食べたかったのですが
ちょいとお高かったので、今回はやめときました。

Img_0217

お腹が苦しくて、ぐったりするくらい食べてwww
まーみさんから立派な包みに入ったうめぼしを頂きました。
とても重たいです。
まさか、家に帰ってあけると、煙が出ておばあさんに・・・ shock
とドキドキしましたが、とっても大きなおいしー梅干が入っていました。

Photo

4年越しで会えた まーみさんとheart04

Img_0221

美味しい海鮮BBQランチを食べていると、いつの間にかスコール。rain
すごい雨です。
でも、私たちは屋根付のお食事どころだからへっちゃら♪

そのスコールもBBQ食べ終わる頃には止みsun
お土産を買いこんでから、まーみさんとはお別れし、伊勢を目指します。
晴天神社に感謝sun

途中、まーみさんおススメの熊野本宮大社へ立ち寄ります。

Img_0223

貸衣装を借りて歩く女性に声をかけ平安時代?へタイムスリップ。

Img_0224

やたがらすのステッカーを買いました♪

Photo_2

とってもかわいい♪
ぱぱさんにも色違いをプレゼント♪

温泉アプリで見つけた温泉でのんびり湯に浸り、
夜はちょっぴり食傷気味で控えめな晩ごはん。

ヘルシーサラダに、生の鰹、サイコロステーキ、タマゴ豆腐、

Img_0233

おいしく平らげました♪

朝はいつものごとく、早起きをして、周りを散策。
夜明け前のシェルパshine

Img_0235

白み行く海。

Img_0237

橋にはかにがいたり、洗面所には巣立ち間際のつばめたちがいたり、
素敵な野営地でした。

見事なうろこ雲。

Img_0242

そして、伊勢へ参ります。 rvcardash

連休明けの火曜日 朝7時過ぎ、いつもは肩が触れ合うほどにぎわう
「おかげ横丁」、「おはらい町」も人がほとんどいない♪

Img_0248

銀行もこんな風。

Img_0247

1000年に1度?の神様お引越しDAYを控え、
熊野神社も伊勢神宮も工事中な場所が多かったですが
ゆっくりと散策できて、よかったです。

Img_0251

しゃちほこ!ひげがすごい!!

Img_0244

大きな杉の木、新しいつるつるすべすべの鳥居を触りながら歩いていると
不思議な虫がいました。

Img_0257

羽?がまるで鳥の羽毛みたいなのです!
物知りのぱぱさんが虫の名前を教えてくれました。
が、忘れてしまいました(笑)

伊勢神宮をたっぷり堪能して、宝くじなんかも買っちゃったりして
大いに堪能しました。

とーぜん松坂牛串もheart04

Img_0261

伊勢神宮を後にし、この旅の最後のお楽しみ「亀八食堂」へ。

辛味噌であえたお肉と、たっぷりのキャベツ。
味が濃いかな~と思ったら、ちょうどいい♪

特にホルモン激うまでした。

Img_0274

Img_0275

Img_0272

う・・・写真見てたら、おなかすいてきた(笑)

またもおなかを膨らして、乗り込んだ車ではうとうと・・・ sleepy

ユーミンを歌ったり♪
桶川まで送っていただきました。

4日間!あ!っと言う間に過ぎちゃったけど、
盛りだくさんなとても楽しいお休みになりました。

4日間へーめんお世話係をしてくれたぱぱさんに大感謝です。
どうもありがとう。
これからもお世話・・・・かけます・・・(笑)

2012年8月15日 (水)

東北ソロツーリング ~尻痛~

お盆休みを利用して 8/12から2泊3日で単独東北沿岸部を訪ねる
ソロツーリングを行いました。

私の住んでいるマンションで先日、岩手県大船渡市の皆さんを支援するため
フリーマーケットをして、
今まで聞いたこともない、震災以来テレビで名前を何度か聞く
大船渡と言うところに行ってみたくなりました。

そこで地味に500円貯金。ほんとは10万円貯めて行くつもりだったけど
軍資金は約2万円。これは全て食費に当てて豪遊する!
心に誓いました(笑)

Kc3z2336
 
 
DAY1 桶川~げいび渓~気仙沼~大船渡 (走行距離 550km)

「お盆は混むよ。」
計画をバイク仲間に相談したときから、みなさん口をそろえて言いました。
と言うわけで、前日 7時就寝。
8/12 0時起床shine

当たり前ですが、あたりはまだ真っ暗。
と言うか、前日からまだ活動している人が多くいる中、ひっそり出発。

さすが雨女の異名をとるわたくしの初めての遠征。
雨予報がビンビン orz

合羽着て、・・・・・真っ暗でなんだかわからないでしょうが
後ろに積んだリュックにも、今回のために買ったリュック用レインカバー装着。

Kc3z2339


途中、那須辺りだったでしょうか?どしゃ降りの雨に見舞われました。
VIVA雨女 ヽ(´▽`)/

途中、渋滞している箇所もありましたが、
止まっていたら、いつになるかわからないので、自動車の間を慎重にすり抜けさせて頂きました。

途中、軽い睡魔に襲われ、時々白線をはみ出そうになりながらも
休憩しぃしぃ、東北道 一関ICに降り立ったのは朝の9時ころ。

久喜ICから約400kmの行程を9時間かけて下ってきました。
眠かったり、初の夜中ツーだったり いっぱいいっぱいで
このときはさほど気づきませんでしたが、
そもそもこの長距離高速移動が、今回の尻ツー(尻痛)の始まりでした。

眠くても、おしりや手首や腰が痛くても、がんばれたのは
一関ICそばにある「フルール きくや」のはちみつプリンを食べることを
楽しみにしていたため。

Kc3z2343

滑らかなプリンにあまーい蜂蜜をかけて食べます♪
正直、はちみつない方が美味しい気がする。
他にもおいしそうなチーズケーキなどありましたが、
まだまだ、今日の目的地は遠いので、先を急ぎます。

本日の観光地① 猊鼻渓。げいびけいと読みます。
中国の水墨画にあるような渓谷の間を舟で進みます。

自動車と一緒に舗装された駐車場へ入ろうとしたら
「あなたはあっち、無料ですよ。」と
駐車場はもちろん砂利shine 
さすが、案内のおにーさん、わかってらっしゃる!(笑)
大喜びで無駄にじゃりじゃりしながら駐車しました。

Kc3z2349

Kc3z2351

巨大な岩がそそり立つ中、舟は進みます。

Kc3z2357

Kc3z2361

船頭さん (^^) 櫂が頭上をぶんぶんと振り回されます。

Kc3z2365

人の横顔に見えると言う岩。

Kc3z2364

15分ほど乗ったでしょうか?みんないったん下ろされます。
おじさんが「愛」とか「絆」とか色々掘ってある小石を5個100円で売っています。
写真にある穴に見事投げ込めると、願いがかなうのだそうです。

Kc3z2371

私も小石を買って投げましたが、岩の壁に当たって割れてしまいました。
1人だけ、見事投げ入れた方がいらっしゃいました。

Kc3z2376

また、舟に乗り、元のところへ戻ります。

次に向かうのはフカヒレで有名な気仙沼。
今回、東北にはたくさんのバイク仲間がそれぞれにツーリングできているようです。
そこで、今回の東北ソロツーに際して、色々教えてもらっていたZEROさんに
「今どこ?」とメールをすると、ちょうど、気仙沼に向けて出発するとのこと。
しかも!これまた偶然、道の駅?で再会した共通のお友達 磯べえさんも一緒とのこと♪

気仙沼に急ぎます。
雨予報で少々心配でしたが、時々パラパラ?と降りそうになるものの
合羽は着ないで、走れます。

ゆるやかなワインディングでのほほ~んとしながら走ります。

岩手では?中央線を大きくはみ出ながら走るお国柄?なのか
そう言う自動車をよく見かけました。

最初は酔ってるのかと思いましたが、そう言うものみたいです。

無事、気仙沼着。
気仙沼駅で地元のおっちゃんらしき人に
「復興 屋台村はどこですか?」と聞くと
「んえ? 野菜村? どっこかなー?」

違います! や・た・い・む・ら!
大きな声で言っても、ゆっくりと言っても、どーーしてもおじさんには通じません。
私の発音は東北では通じないのでしょうか?
見かねて、若いにーさんが道を教えてくれました・・・

どうやら気仙沼には3箇所 復興屋台村があるようです。
一番、栄えている?ところで2人を待ちます。

Kc3z2388

クラブケーキと言うかにの身がたくさん入ったコロッケをフライイングでいただきました。

Kc3z2389

ZEROさんたちと無事合流し、遅めのランチ。
そう!このために500円貯金をしたのです!
ミッション1 復興村で豪遊し、お金を落とすdollar
お店で一番高い3000円の海鮮丼を頼みますshine

Kc3z2391

どれも切り身が肉厚で美味しかった。
が! しまった・・・sweat02 2人を待つ間に食べたクラブケーキが意外にこたえてる・・・

欠食児童のZEROさん(笑)に少しおすそ分けして、なんとか完食いたしました。

すぐそばの紫市場と言うところでも復興屋台村があると言うことで行ってみると・・・
すごく行きたい!と思っていた「あさひ鮨」が店舗を出していました・・・shock

せめて名物のフカヒレ寿司だけでも食べたいと思いましたが、
既にランチタイムは終了。 orz

食後はニュースでも見た気がしますが、震災で大きな漁船が村の真ん中ほどまで打ち上げられ
そのままになっている場所と言うのに行ってみました。

Kc3z2396

何の予備知識もなく見たら、「へえ、船のオブシェかな?」って思ってしまいます。
が、違うのです。
2011年3月11日に起こったあの地震で海から1kmほどでしょうか?の陸地まで
この大きな船が運ばれてしまったのです。

あまりピンとは来なかったのですが、改めて考えると恐ろしい。

復興村近くの建物には「ここまで津波に浸かった」と言うサインがありました。

Kc3z2395

2人とはさよならし、宿のある大船渡まで、もうひと走り。
途中、陸前高田・・・これまた、震災のニュースではよく耳にした地名を
通ったけれど、たくさんの木材や瓦礫がまだまだ処理されずそのままになっていました。

気仙沼や大船渡は比較的大きな町なのか、比較的復興が表面だって行われている感じでしたが
大き目の町と町の間にある小さな村々では、まだ瓦礫などが放置されているなと感じました。

宿は岩手県立 福祉の里と言う公共施設の宿泊施設を利用。
朝食込みで2000円弱。
しかも、4人部屋を独り占め。

トイレ、風呂は共同、就寝は10時だけど(笑)
今度、もしみんなで大船渡へ行くことがあったら、
ココにみんなで泊まりたい!

晩ごはんは・・・遅お昼がきいて、あまりお腹が空いてなかったけど
何しろ復興屋台村に行かなければ!!
とお風呂にさっと入って、さっぱりしてから、また街中へ出発!

Kc3z2403

ほんとはお魚を食べようと思ったけれど、
お腹がいっぱい過ぎて、あっさりと冷麺。
そっか!岩手は冷麺も有名だった!

Kc3z2404

帰って、10時の就寝時間を待たず、さっさと就寝sleepy
 
 
DAY2 大船渡~碁石海岸~気仙沼(再)~女川~松島~仙台(走行距離 308km)

元気に目覚めます。
昨日の疲れは残っていない様子♪
今日はゆるめの日程。

まずはミッション2 「大船渡で海産物を買いあさるshine
道の駅 さんりくで
銘菓かもめもたまご、大船渡名物さんまのなんとか、イカの沖付け、
三陸産わかめ など 色々買い込んで、宅配便で自宅へ送ります。

そして、道の駅名物 柿ソフト

Kc3z2407

ちょっとザラザラした舌触りでした。

次は大船渡の名所 碁石海岸へ。
国道45号バイパス 三陸自動車道は濃霧・・・
何がなんだかわからないので、注意しながら進みます。

迷いに迷って、ようやく到着。
霧はだいぶ晴れてきたものの、海の向こうの視界はあまりありません。
遊歩道を歩きます。

Kc3z2409

Kc3z2421

波が打ち付けて、大きな岩が割れ、このような地形になったとのこと。
しかも、その形状、あたって砕ける波の音が反響し、雷のような音がするので
雷岩なんて呼ばれる岩もあります。

すっかりのんびりし過ぎて、11時過ぎになってしまいましたsweat01
ま、そこは一人旅のよいところ、お昼に間に合うように気仙沼に向けて出発。

ちょうど12時のチャイムと共に気仙沼 紫市場へリターン。
昨日、食べ損ねた「あさひ鮨」へ。

店を開けると・・・ しーん・・・ 小さい声で「すみません・・」と言っても無視?
ちょっと不思議な時間が過ぎ、食べているお客さんの方が驚いて振り返ると
やっと、お店の人が「いらっしゃいませ!」と。

きっとお仕事に専念しすぎたのでしょう。
ちょっとビックリしましたが、気仙沼復興スペシャルを頼みます♪

Kc3z2428

お目当てのフカヒレ寿司は酢醤油?で味付けしてあり
こりこりとした歯ざわり。

美味しかったけれど、やっぱり味は魚の方がおいしいな。
でも、満足。

さて!本当は2日目は石巻復興マルシェでランチのはずが
かなりのビハインド。

ま、大丈夫でしょ。
国道45号 海沿いを走ります。
途中から海岸沿いの398号に入るはずだったの間違えた!!

地図を見ても、イマイチ現在位置不明・・・ shock
そこへ小さなパトカーflair 横道に入るのを見て追いかけます。
マテェchickdash

細い路地を入っていくので、ついていったら、ハザードをたいて停車
私を先に行かせようとするので、私も一緒になって停車。

もしかしたら、車内のおまわりさんは変な人がパトカーを付けねらっている!と
緊張が走ったかもしれません。

私がシェルパから降りたところで、おまわりさんも降りてきたので
「すみません!道を教えてください!」とすがる。

やはりだいぶきてしまったようだけれど、
途中の道から398へ行けることを聞いて再出発。

リアス式海岸のうねうねした女川街道を走っていると
・・・人々が集まっている。

私も停車し、とりあえず見てみる。
家が取り残されてる。
海には小さな魚がたくさん。

確かに震災の爪あとがあるけれど、昨日からさんざ見てる。

みなさんが写真をしきりに撮る建物を改めてみてみると・・・・

Kc3z2432

建物がばったりと倒れています。
1回に当たる部分には車もあります。
辺り一面 砂利が広がっていますが、よくみると区画されてる跡がある。
この辺は住宅街だったんだ・・・

隣でタープをはってBBQをしたりしているイベントあり。
焼き鳥なども売っているので、近寄ってみると
女川町でここら辺はずーっと土産物屋などが並んだ
明光風靡な町だったそう。

写真の上の方にあるのは病院で
震災の時はこの高い壁超え、病院の1階までが津波でさらわれたそう。

Kc3z2434

少しずつにでも復興が進む中、来年にはこの場所も整地され
今、かろうじて家々の土台が残っているものもなくなってしまうので
ボランティアの人達と、最後のお盆を元自宅のある場所で過ごそうと言うイベントだそう。

「せっかくだから、ご一緒に」とお誘いをうけましたが
仙台まで行かないといけないので、丁重にお断りし、先を急ぎました。

翌日のニュースを見たら、なんとこのイベントで打ち上げていた花火が
他の花火に引火して、けが人が出たとのこと。

せっかくの心癒すイベントだったはずなのに・・・
大きなけが人は出なかったとのことで、とりあえずよかった。

さて、先を急ぐ私ですが、せっかくだから松島も見たい!
暮れてゆく道をひた走ります。

そして、迷子AGAIN! orz
またまた!パトカー発見!!shine
すぐさま、下車して近寄ります。

「この辺の海岸沿いはかなり道が悪くなってて危ないですよ。
 あ!でも、オフロード車なら大丈夫かな?」と親切に道を教えてくれました。

ノリのいいおまわりさんで、さらに話す言語が先ほどまでとちと違う・・・・???
見ると、大阪府警のおまわりさんで、こちらまで応援できているとのこと。

海沿いを更に松島に向かって進む。
「松島海岸」って書いてあるけど、なんかよくわからない。
とたんにいいにおいlovely

道端のお店で、焼き牡蠣と焼きホタテをいただきました@松島

Kc3z2436

牡蠣は小さいけどプリンとして美味しく、ホタテは私の手のひらほど大きい!

Kc3z2440

おいしく頂き、松島海岸を尋ねるともうすぐソコ!
教えられたとおりに行くと、駐車場には「バイクは駐車できません!」の文字・・・ weep

道脇に停めて、途方に暮れていると、地元のおっちゃん達が通りかかったので
「バイクはどこに停めたらいいんでしょう???」と半泣きで聞いたら
「んじゃ、そこに停めていいよ。」と集会所?のわきちょを指差します。

が、そこは歩道の段差が20cmほどあります。
そんなん登れません!weepと言うと
おじさんの中の1人がもう1人に「ほれ、こうやってやっちゃえよ。」と
バイクでひょいと岩を超えるようなしぐさ。

あら?と思うと、そのおっちゃんはオフローダーの方だそうで
あっさりとシェルパを集会場の脇に止めていただきました。
ありがとう。とお礼を言いながら、暗くなりつつある松島を見ます。

Kc3z2443

1人ぼんやり 暮れ行く松島を眺めておりました。

降りるのは自分でできるので、ひょいと降りて
今度は2日目宿泊の仙台に向けてひた走ります。

仙台は都市だから、暗くなってからでもなんとかなるでしょう。
と言うことで、ホテルに着いたのは夜の8時。

確かに仙台に向かうのは簡単でしたが、
ホテルが駅前だったので、迷うし、たくさん自動車がいて
一生ホテルにたどり着けないかと思いました。

ホテルに着き、シェルパは今回は地下の屋根付駐輪場へ。
もちろん、ロックはしっかりと。

Kc3z2453

さて♪ 仙台といえば牛タンtaurusheart04

有名な「利休」へ。15分ほど待って、お店へ。
ホテルでもらった、「本日の一品」を無料で頂きます。

Kc3z2449

晩ごはんはもちろん!「極牛タン 5枚」と大盤振る舞いhappy02
分厚い牛タンをガツガツと胃袋にかき込みました♪

Kc3z2450

すっかり満たされて就寝 sleepy
 
 
DAY3 仙台~磐梯吾妻スカイライン~五色沼(秋元湖、桧原湖)~喜多方~桶川(走行距離 495km)

そうです。初日からバイクで走り回り、おしりが痛いのです。
何と言うか、しりの皮がブワーンとシビれて、
なんか低反発の座布団かなにかがついてるみたいweep

そして右の手首から先も痛い。
手をグーパーするとむくんでいるのがよくわかります。
ついでに腰も痛い。

そんな3日目。いよいよ南下し観光をしながら桶川まで帰るのです!!

8時半に仙台駅前を出発。
仙台宮城ICで高速に入ろうとすると、雨で速度制限情報が・・・ shock
入り口であわてて合羽を着て、雨支度。

Kc3z2455

でも、結局降ってなくて、ちょっとがっかり・・・ じゃなくてラッキーshine
東北道で福島西IC下車。

うん♪お天気まずまずup

まずは磐梯吾妻スカイラインへ。
元地元民?のbakeさんに聞いていた「玉子の湯」は
もしかして、美味しい卵料理でもあるのかと立ち寄ってみたけど
ゆで卵臭がしているだけだったので、そのまま引き返しました。

ところどころガスっていて視界はよくありませんでしたが
自動車にへばりついてたので、安心♪

シェルパの勇姿@スカイラインshine

Kc3z2458

頂上は浄土平。たくさんの人が集まってます。

Kc3z2459

え?歩いて登るの?シェルパじゃなくて???
あちこちでたらふく食べて歩いてるんだから、たまには運動しなきゃ!
と頂上まで上ります。

途中はぁはぁと息を切らしながら、すぐ後ろを来る70過ぎのおばあちゃんにだけは
抜かれぬよう、がんばります。

そして、頂上coldsweats02

Kc3z2463

疲れた・・・
みんな平然としているので、下りは登ってくる人がはぁはぁ言ってるか
耳を澄ませながら下りました。

うん、みんなはぁはぁ言ってる♪

頂上から更に尾根沿いに歩けるようですが、
もちろん、私はそんなことしません。

Kc3z2464

お土産に赤べこちゃんを買いました♪

Kc3z2469

バイクのキーにつけるか、ケータイにつけるか悩み中。

スカイラインを下り、そのまま磐梯吾妻レークラインで五色沼へ向かいます。
この頃から天気はピーカンsun

秋元湖

Kc3z2470

Kc3z2471

更にスカイバレーを途中まで行き、桧原湖。

Kc3z2474

桧原湖をぐるりと回り・・・うっ!2時!喜多方までラーメン食べに行かなきゃsweat01

でも、小腹空いたので、道の駅 裏磐梯で桃を1つだけ買ってぱくっ♪

Kc3z2475

食べてると汁がびちゃびちゃすごい。
誰もそんなことしてる人いないけど
(普通は箱買いでお土産。私はおっちゃんと交渉して1個だけ売ってもらった)
しかも、見てくれはボタボタ汁流しながら食べるはずかしい光景だったけど
美味しいからいいや♪

と言うわけで、焦って喜多方へ向かいます。 chickdash

喜多方まで着いたはいいけど、お目当ての坂内食堂どこ~?
大きな東北マップル見てもわからないので、地元の人に聞きます。

やさしいジェントルマンがラーメンマップまでくれて
「坂内は混んでるよ。隣の松ってのも美味しいし、並んでないよ。」と聞いて
とりあえず、坂内食堂を見ると・・・

Kc3z2476

長蛇の列。
お隣の松食堂は?

Kc3z2477

やはり10人くらい並んでるけど、ま、人数的には1/3以下なので
こちらに並びます。

後ろに並んでいた老夫妻とお話をしたり、
今は野田に住んでいるけれど、仙台の実家へ行くところなんですって。
今までは高速でビュンっと行ってたけど、
年もとって長距離はつらいし、のんびり行こうと
今日は福島に宿を取り、大内宿を見たりして、明日仙台に向かうんですって。

いいわね~。

そんなこんなで、30分程待ち、ついにお店に入店♪

Kc3z2478

うん♪チャーシューうまっ♪
昔、有楽町のガード下の坂内で食べた時の
あの衝撃はなかったけど、太麺で私の好みでした♪

我々が入って、店内の人たちがいなくなったら
席に空席が目立ち始めました。

「そっか、たまたま混雑したタイミングに来ちゃったのか・・・」

出る時に入り口を見ると・・・

Kc3z2479

ギリギリセーフだったようです・・・(汗)

さて!とんだ長居になってしまいました。
あとは、高速を使ってひたすら帰ります。

会津縦貫道を走ると、左右がたんぼの黄緑色一色。
そしてその広い田んぼの向こうは濃い緑の山々。

・・・・盆地なんですね?
でも、とても素敵な景色でした。

シェルパと「また、いつか来てみたいね。」なんておしゃべりをしながら
磐越道に乗ります。

関東ではのろまの私はよく後ろから来た車に幅寄せをされてから
抜き去られるという、怖い思いをよくしますが
こちらでは人間もせかせかしていないからか、
充分間合いを取ってから、抜き去ってくれます。

途中、何回か渋滞にも出会いましたが、ほいほいと
やりすごし、久喜ICを降りて、自宅に戻ったのは
夜の9時頃 無事帰宅。

3日間 全工程 1353kmの一人旅でございました。

途中からはおしりが痛くて痛くて くじけそうになりましたが
その度につぶやいて、みんなに笑われ励まされて帰って来れました♪

まぁ、事前から道中から色々な人に助けていただきながらの珍道中
無事完了です。

あぁ、ずいぶんと長くなったな。

だって、楽しかったんだもん♪

2012年2月15日 (水)

ペナンで英語留学

今日はバイクとは全く関係ないこと。

マレーシアのペナン島に住む友人から
「ペナンの語学留学を生徒さんなどに勧めてみたら?現地のことは色々調べるよ?」と
オファーが来ました。

 
今まで英語語学留学と言えば、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなどしか
考えつかなかったのだけれど
(アメリカ眼中になし(笑))

比較的近場で治安もよく、気候もよいと言うペナン。
何より物価が安いshine。 魅力的です。

ただ、私個人があまりにペナンと言う場所を知らないので
(どこの国かもイマイチわからなかった始末)
誰かにお勧めするにも、情報不足過ぎて現実感を伴っていません。

友達からのせっかくの提案。
少し本気で考えてみようかと思います。

そう言えば、ロンドンの友達からもずいぶん前に
留学仲介をするなら、力になるよ。なんて言われたことがあったな。

心強い仲間がいる今が、チャンスかもしれない。

2010年4月 5日 (月)

羽化儀式ファイナル~清水、三島おひとり様ツー

2009年4月3日。
シェルパがうちにやってきました。

「シェルパ誕生1周年記念に一人でどこかに行こう♪」と
「日本全国左折の旅」を思いつき、さっそくみんなから却下されて、

それはもう何人もの人にいろいろと相談してルートを決めたり
清水、三島の友達に連絡を取り、約束をとりつけ
お騒がせなソロツーをしてきました。

《DAY1 清水へ》

朝、7時 ガソリンを満タンにして出発。
圏央道 桶川・北本IC。

事前偵察 富士山ひとかじりツーで使ったので
自信を持って乗り込む。

前回と違って曇り空。
富士山は全く見えず。

無事、談合坂SA到着。休憩と給油。

前回よりさらにごった返したSA。
そうか!前回は平日だったから、あれでも、まだましだったのか…

SAでは相席がフツーだと前回学んでいたので
躊躇なく相席をしてモツ煮を食べて本日2度目の朝食。

Sa

体があたたまります♪

mixiやら清水の友達に無事談合坂到着を知らせ
河口湖ICへ。

前日、相談した先輩ライダーに
chick「中央道を通ってカワグチインターへ行くつもりです。」と言ったら
noodle「いや…カワグチ来ちゃダメ。河口湖行ってください。」と注意。

この先不安・・・

無事、河口湖ICで降りて、びくつきながらも139号・・・
これも前回と全く同じルートで「道の駅 なるさわ」へ。

Photo

前回は富士山が全部見えていたのに、
今回は頭隠して尻隠さずポーズの富士山。

おやつにもちもち もちこドーナツを買ってみたところ
・・・堅い・・・
犬のガムみたい・・・ <<かんだことないけど・・・

さて、ここまでは4日前に下見ツーで来た。

問題はここから。地図とにらめっこ。
出てすぐの信号を左折。71号
次のポイントは道沿いミルクランド。

青木が原樹海を抜けて行きます。
ときどき速い車を先に送って、これまた無事ミルクランドへ到着。

「寒い・・」とは思ったけど、食べないわけにはいかない
朝霧ミルク ジェラート。

Photo_2

心なしか富士山に似ている・・・♪

いたって順調!

次は国道1号線を目指すんだけど、
うまく139号に出会えるかしら・・・
139号のままだとまっすぐは1号にぶつからないから
迷子病の私は有料の西富士道路を使います。

ミルクランドで道をよく聞いてから出発。

無事、次の目的地「道の駅 富士」。静岡突入。

関東道の駅スタンプラリーを押そうとすると・・・
静岡がない!!
山梨はあったのに!!

静岡って関東じゃないんだ・・・
と言うか、山梨と静岡は同類かと思っていた・・・

清水の友人によると、道の駅をでてすぐの富士川を渡ると
電圧が関西と同じ60Hzになるんですって!

1号を走る。海沿いの道。朝、曇っていた空もだいぶ明るく♪
清水駅に行くには静清バイパスに乗ってはいけない!
けれど・・道は自然にバイパスへ・・・
過ぎゆく旧国道1号への道・・・ (´Д`;≡;´Д`)アワアワ

しかしすぐにみつけた「清水港」の文字!
清水港へ行けば、清水駅はすぐ!

清水港着。ホテルは駅向こう・・・
通りがかりのちゃりのおばちゃんを捕まえて

chick「あの・・・駅の向こう側へ行きたいんです。」

ものすごく詳しすぎて、それはもう大混乱の説明を受けて
何しろもう少し先に踏切があるらしいことだけは把握。

よくお礼を言って発進。
なんとかホテルに着。

しかし・・・すごい!何の問題もなく目的地に来てしまった!!<<ちょっとあったけど

ホテルでバイクの置き場所を聞いたら…なんと!正面玄関わき!
超目立つ‥ 絶対に盗難されなそう。 うれしはずかし・・

Photo_6


友人がそれは心配していたようで、なんだか家族総出で心配してたみたい。 (^^;)
さっそく連絡をとり、友人宅へ行くまでちょっと時間があったので
清水港にある河岸の市へ。

Photo_5

静岡名菓? 「あま麩」を買いました。
いわゆる駄菓子の「おふ」と違って、カラフル。
そしてもっとふわっふわ。
駄菓子ファンの私にとっては感動ものの一品でした。

Photo_4

そして、彼女のお宅にお邪魔ししばし歓談・・・

お母様の介護用とかでおうちにエレベータがついていたり、
天窓がリモコン?で開閉したり、ちょっとしたビックリハウスだったけれど
2階の窓からは駿河湾を一望し、天気が良い日は伊豆半島が見えると言う
すてきなおうち♪

で、軽くご飯をごちそうになって
昔話やら今の世界情勢?って程ではないけど、ま、世間話になるのかしら?
など、そこはかとないお話を楽しみました。

で、晩御飯は何やら彼女のいきつけ?の和食のお店。
彼女は現在船の計測器を作る会社の社長さんで
清水で1番、2番と言うようなお店に連れて行ってもらったみたい♪

私ひとりじゃとても入れません♪
お店の名前は忘れましたけれども、お刺身から金目の蒸し物から、桜エビのかき揚げ・・・

そう!桜エビがとっても食べたくて、でも今はシーズンじゃないってことで
しょげていたのですが、桜エビたっぷり♪ と言うか桜エビだけでできたかき揚げ♪
食べました♪
うまーい!感激♪

Photo_3

ちょっとVIPな気分になれた夜でした。
ごちそうさまでした、S野さん。


《DAY2 三島へ、そして桶川へ》

翌朝、もちろん、目覚ましがなくても小鳥のように
朝早くから起床♪

あまりお天気は良くない…
本当は清水の市場がやっていたらいいんだけど・・・
なんと河岸の市が開くのは10時から!
魚市場と言えば超早朝と相場が決まっているのに・・・

だから釜揚げしらすも、釜揚げ桜エビも買えずに
前日にあま麩とじゃこ(釜揚げしらすが無理だったから)を買っておいた。

早起きしすぎて暇を持て余していたら
「よかったら、うちに寄って♪」とメールをくれたので
待ってました!とばかりに早速直行!

おいしい紅茶など入れてもらって、くつろがせてもらい
9時には友人宅を出発。今度は三島の友人を訪ねます。

「バイパスは速くて怖いから、旧道行かなくっちゃ!!」この思いが強すぎて
とんでもなく迷子になってしまった私。

chick「すみません、三島に行きたいんですけど・・・」
dog「あっちだよ」
chick「すみません・・三島に行きたいんですけど・・・ (;_;)」
cat「あっちです」

あちこちで迷い、人に道を尋ね、
約束の時間を30分以上越して、三島に到着。

三島の友人は三島で有名なうなぎ屋「桜家」に並んで待っていてくれて
おいしいうなぎちゃんをペローリ♪

Photo_9

Photo_10

実は三島の友人、その日は午後からお子ちゃまのお誕生日パーティが
控えていると言うのに・・・
つきあってくれて、これまた昔話に花が咲きました。

午後1時。桶川に向けて出発!

まずは県道21号を行く。
が、途中で道を見失い・・・何やら山道へ・・・

chick「すみません、山中湖方面に行きたいんですけど・・・」
dog「あっちだよ」
chick「すみません・・山中湖方面に行きたいんですけど・・・ (;_;)」
cat「あっちです」

途中から雨が降ってきて・・・shock

コンビニに停車していたスクーター2人乗りの茶髪のおにいさんおねいさんに
道を尋ねると・・・
「それは・・・よくわかんないっすけど、とっくに過ぎちゃってると思うんすよ。」と
言われた時は、もう目の前が真っ暗で、
「これから富士山を超えるのは無理!この辺に泊まろう…crying」と考え・・

コンビニで道を念のため確認したら!
なんとまだ過ぎていなくて、次の交差点であることがわかり!
気を取り直して、雨合羽を着て再出発。

スクーターさん親切だったけど…誤情報はよしてっ!

後は1本道で東富士道路>>中央道とつないで
談合坂SAへ到着!!

なんとなくホームな気分で一安心♪

と、SAを出ると、ずらーーーーーっとオームの群・・・
ではなく渋滞♪

それはつまり、スピードを出さなくてもよい!
時速10km台かな?
談合坂SAから藤野PAまで1時間以上かかりました。

さすがにだんだん左手が疲れてきて
先ほどからすり抜けをジャンジャンしながらバイクがぬかしていく・・・

「すり抜けたい、でも怖い・・」
何度も何度もためらって・・・ついにすり抜け!!

3台位すり抜けたら列に戻る。
そんなけなげなすり抜けをしながら
圏央道に入ると、一挙に車が少なくなり、スイスイと桶川・北本ICへ。

定刻の夜6時に無事帰宅。
カバーも掛けずに、そのまま夕飯食べてバタンキュー。

人に迷惑をかけっぱなしの2日間でしたが
おかげで怖くてもなんとか自力でおうちまで帰ってこれました。

清水の友人や三島の友人をはじめ
ルート作りの相談に乗ってくれたり、
下見に平日富士山につきあってくれた人、
現地で道を親切に教えてくれた人たち
本当にありがとうございました!


バイクに乗り始めて1年。
たまごライダーからひよこになり、脱皮して羽化中だった
私ですが、これでめでたく

卵に戻る・・・ orz

まだまだ一人前になる日は遠いと・・

2010年1月24日 (日)

きな粉とうん○にまみれて・・・

今日もシェルパと行く泥んこツーリング@利根川堰
本日の走行距離 ちょうど100km

毎度おなじみ~♪なメンバーで栃木県?茨城県?埼玉県?の利根川へ
オフ車ーズ6人で出かけました。

11時に道の駅 五霞集合。
17→16→4号で来るのは芸がないし遠回りと思って
自分で考えたルートで行く。
県道12→県道152号とつないで4号に出る。

多少迷子になったものの、集合時間の1時間前に到着♪ chick エライ?

100124_

手持ち無沙汰で「揚げもち」を食べた。
味・・・ふつー。

みやげ物にはなぜか「宮崎名物 赤鳥の炭火焼」が東国原知事の似顔絵と共に売っていた。

更に五霞だけに「五霞宝」

100124__2

「あれ?ごかぼうって・・・埼玉の熊谷じゃないの???」と
考えて、よくみてみたら
「五家宝」ではなくて「五霞宝」・・・

あやうくだまされるところだった・・・ chick アブナイアブナイ・・

.
集合してランチ♪「ローズポークソテー定食」

100124__3

茨城名物?ローズポークがやわらかくて美味。
前回は五霞の名物なまず定食にした。
ポークの勝ちかな?

12時前には出発。

前回はうっかりモトクロスコースを走らされて
怖い思いをしたため、慎重に・・・ chick キヲツケロ!

砂利道を土煙を上げて走る・・・ chickdashモクモクモク・・・
前の人とある程度距離を置かないと道見えない・・・

途中・・・なんでもない舗装路でコケる・・・ orz
砂利道と砂利道をつなぐわずか1mほどの舗装路でコケる。
時速約2km/h・・・ なぜ?

舗装路 初ゴケ・・・ orz
ショック・・・

後ろで一部始終を見ていたくまさん
「なんで転んだの???」と頭を抱える・・・

土手は登れても・・・
舗装路は苦手です・・・右左折も・・・ orz

それぞれ場所、レベルは違うけど本日6名中4名がコケました♪


川沿いの砂浜でひと休憩。
「ん?うん○臭い」って思ったんだ・・・

じゅんさんが「へーめんちゃん、これうん○じゃない?」
多分冗談交じりにブロックタイヤに埋め込まれた
茶色いものを指差しました。

「えっ!?土でしょう?」と指でとってにおいをかぐと・・・???

100124__4

「くさっ・・・!!!bearing

だれだっ!こんなところにっ!! annoy

泣きながら川で必死に手を洗いました・・・ban

「こんなものっ!こんなものっ!」と砂利道に
うん○をなすりつけながら速度を上げて走ります。

2時間走れば、みんなきな粉まみれ!!!
チェーンもエンジン?も

100124__5

シェルパのきな粉づら・・・黒蜜風味・・・ orz

人間もかなりきな粉まみれになりながら
本日はお日柄もよく♪
富士山も見ることができて、とても楽しい1日となりました。


最後に利根川でイチャイチャする2台のシェルパheart04

100124__6

2009年12月28日 (月)

2009年 走り納めツー

母と大宮市場で新年のお買い物をしホルモンで旧交を温めた翌日
2009年走り納め!と言うことで
mixi パンダ企画 「走り納め 千葉銚子ツー」に参加してきました。

8時に柏集合。
のために7時に道の駅 庄和集合。
なので、6時前に出発。 chick パタパタパタ

先日の路面凍結検証でどうやら、道路は意外と凍らないらしいことがわかったので安心して出発。

当日の装備を後の冬装備の参考を兼ねて。
上衣: ヒートテック長袖、タートルネックセーター、フリース、ウィンドブレーカー、
    冬用ライジャケ、ネックウォーマー、ホカロン1(腰)
下衣:ヒートテックタイツ?、あったかほかほかライダーパンツ、スノーブーツ、靴下ホカロン

暖かな日で朝も0℃以上あったでしょう。
昼は多分14℃くらい?
結果、暑いくらいでした。

まずは第一集合場所までソロで。平均時速50キロ台。
集合場所でタルルさんと待ち合わせ。たとたん、平均時速70キロ越え!!
高速じゃないのにー。イヤイヤ・・・スピード出しては!! chick コワイワヨウ・・

で、柏IC近くでみなさんと待ち合わせ。
パンダチーム17名♪
現地であと20名と合流予定! chick ワオー!

ここでシェルパちゃんはっけーん♪

091227_

白黒モノトーンのシェルパ♪
今回なんと!シェルパオーナーが4人!!!(約40人中)
1割シェルパって・・・どんな集団なのっ!!!
実際にこの日乗ってきたのは2名だけだけど・・
もう・・カンゲキheart04


で、パンダ軍団利根川沿いを行く dash
片道1車線のそれはもう一直線な道路・・・
平均時速・・・やっぱり70キロ越え・・・
もう景色とか楽しむと言うより、前の人についていくのに必死 snail マッテヨウ・・
でも、後続の自動車とかを考えるとそのくらい出さないといけないらしい。
2台のシェルパつながってしばし道を行く♪
ま、私が前だから実感ないけど・・・

で、お昼にウオッセ到着。
別隊ZERO班を見つけたけれど、レストラン内にて
手を振っておしまい。

091227__2

わたくしのランチ♪
海鮮丼?とか言ったかしら?
うん、おいしかったです。
が、直前に空腹に耐え切れずコンビニでエビまん食べてしまい
最後は苦しくなりながら完食。 chick ゲフー

市場で銚子名物「銚子電鉄 ぬれせん」を買い、
マイミクlimaさんお勧めホタテの塩辛購入。

091227__3

お魚がみんな頭隠して尻(しっぽ)隠さないで売られている・・・
これは頭に血が上るでしょう?


で、膨れた腹をかかえて犬吠崎の灯台へ向かいました。
こちらで先のZERO班とついに合流♪

.
091227_02

写真暗くてよくわからないけど、計34台集結!!
壮観!!

と言うか、ハタから見るとただのご迷惑???
かな・・やっぱり・・

だって、中にはあんな人相の人やこんな人相の人もいるしねえ・・・ (^^)

で、一同輪になって・・・踊らなかったけど
自己紹介。

1年間一緒に走ってくれてどうもありがとう。

帰りは結局高速使わず元来た道を戻ったわけなのですが
暗闇の土手わき(舗装路です)を時速70キロ近い速度で走るのです・・・
私は前から2番目に置いてもらったんだけど
それはもう何がなんだかわかんなくって、怖かった。

暗闇の中でいきなり曲がったりもするわけだけれど
先頭のパンダさんってすごい!
私100回見ても曲がる場所わからない。

改めてパンダさんに尊敬のまなざし・・・

そんなこんなで無事、初千葉、2009年走り納めツーリングを
楽しんできました。

全工程走行距離:322キロ!
たくさん走りました!

明日は土手納めしてきます♪

2009年10月26日 (月)

茨城リベンジおばミー

先日あった茨城おばミーやむなく不参加で悲しんでいたら
茨城支部長Sさんが「おいでよ。案内するよ♪」と言うことで
5人の猛者集合♪

前日の天気予報、雨50%
「車で行くか・・?」なんて話で、お菓子を買い込む。

そして当日降水確率いきなり20%。chickハレルヤ!
曇りだったけど・・(^^)

で、みんな急遽バイクでGo!

今回は埼玉北部Rさんと群馬 ラさんと佐野SAで待ち合わせ。

佐野ラーメンが私を呼ぶ・・ chick オイデー!
がまん!海鮮丼が生牡蠣が待っているんだ!!

で、なんだかんだ集合時間に10分ほど遅れて集合。
集合場所のセブンイレブンは交差点の右側。

右折レーンに入るたいみんぐ逃し、あせる・・・左折っ!
後方の二人はフツーに右折!
私だけ・・ポツーーーン・・ orz

だから複数車線は嫌い・・ (;_;)

全員集合。お待たせしました。
リッター車のぷさん以外はなんとみんな250cc。
これはこれでなんか珍しい?

で、出発。
餓死寸前のシャルパにえさをやり
私達も市場へ!!

091025_
本日の丼とイワシつみれ汁♪
ふはーーーーっ!うめい!
かつお、さんま、しらうお、まぐろ・・だったかな?4種類がてんこ盛り♪
なんか米もつやつやしてうまい。

佐野ラーメン食べなくてよかった♪

腹7分で店を出る。
だって、生牡蠣が待ってるもの。
091025__2

まずは焼きうに様。はまぐり?の器の中にてんこ盛り。
Rさん絶賛! 

ほかほかして甘い。ちょこっとだけしょうゆをたらして食べた♪

そして、生牡蠣の貝塚はけーーーん!

091025__3
091025__4

買い求める。でっかい牡蠣2個300えーーん。
地元民Sさんが選び方を教授。
でも、誰も聞いてない。「選んで!!」コールにSさんセレクトの生牡蠣6つ。
あれ?参加者5人。
しかも、1人食べれない。

・・・数が合わないけど・・・なにか? chick ゴックン

ようやく満腹?・・・ってか腹12分目くらい? (笑)


少し海沿いを走ろう!
海岸線を左手にしばし走る。
風が強く、波が高い。

そう言えば、ヤツと来たじゃないか、この海岸・・・ chick ヒ・ミ・ツ
で、海をバックに恒例集合写真。
もちろん全員乗車で!だけど、とりあえず乗せるのはバイクのみ♪
091025_bikeinfrontofthesea


そして!!
第二の目的地へ出陣。  chick ボーーー<<ほら貝の音

目指すは大洗アウトレット。
ブランドショップには目もくれず、サーティワンアイスクリームショップへ!

091025__5
ここ限定のアイスフォンデュ♪

う・・・うまーーーい。
あっまーくてあっつーーーいチョコの中にアイスやフルーツ投入!  chick ドボーン!


あっ!と言う間に完食  chick ゲフー
091025__6


祭りの後・・・


シェルパ市場で買った秋刀魚のみりん干し、さくらえび、しらす、すじこを背負う。

091025__7

行商シェルパ♪

5時を過ぎ辺りは真っ暗。

高速初乗車の2人もいるし、と言うことで解散。

楽しかったね~!またね~!
と口々に言いながらお別れ。

常磐道 - 外環 - 東北道とつないで帰る。
途中三郷料金所まで渋滞。
車ピッタリと止まる。

高速初参加の2人に相談。
ゆっくりすり抜け決定。  snailsnailsnail...

私先頭。
後ろの2人をチラ見したいけど、後ろ沢山のヘッドライト
すぐ後ろはいる。
ノロノロ進む。

ちょっとずつ車が動き始めたので、すぐレーンに戻る。

・・・・・・1人足りない!!・・・・・・・・
おいてきちゃった!おいてきちゃった!!

どうしよう。初の高速だって言ってたのに・・・

「ヤバイと思ったらピって鳴らして!」とか言えばよかった
「自分も初ツーリングん時、高速においてきぼり食らって不安だったじゃないか!」
「どうしよう、車と接触してたりしたら・・・(;_;)」

後悔・・

路肩でしばし待つ。
ケータイに電話。出るわけない。

2人で車の列に目を凝らす

・・・・・ キタッ!!

よかったーーーーー。 (T。T)
幸いなことに渋滞もも少しで終わる。
今度はすり抜け無しで走行。

途中休憩もはさみ、久喜ICについたのが・・・9時過ぎだったかな?

全員無事帰宅のコメントを見て。安心♪

ああ、よかった。ああ、楽しかった♪

今回は真冬用のパンツ(こないだセールで半額以下で購入したやつ)
冬ジャケ、中にウニクロ フリース着て、靴は雪山登山用の短ブーツ。

おかげでほっかほか。

しばらくはこの装備で問題なさそう♪

さて、次なる獲物は・・・・ 

2009年9月22日 (火)

第二回おばミー in 栃木

世の中がシルバーウィーク一色の中
mixiの女性ライダーコミュのメンバー11名(当然女子オンリー)で栃木へツーリングへ行きました。
通称「おばミー」
女性であれば(身体的でも精神的でも)誰でも参加できる楽しいツーリング。

ライダー年齢3ヶ月のchickちゃんからん十年?のベテランさんまで
女の子11名はかなり目立ったのではないかと思います。

(実際目立ってて、益子の街中で全員でUターン中
近くでくっちゃべってたおばちゃんたちが「こりゃ、すごいねーーーーーっ!」って
驚いていました。)

集合場所の・・・栃木の・・・どことやらまでは埼玉以南4号北上組 5名で。
道の駅 庄和で待ち合わせて、私も集合10分前には着いたのに、私が最後。

「忘れないうちに・・」と埼玉リーダー通称アニキ? Rさんが
私の愛するサトちゃんのケータイストラップをくれました♪

090922_

パンダ先生と共に私のケータイを守ります。

.
そんなこんなで出発

服装は長袖Tシャツに半メッシュジャケット。
さむーーい!!とまでは行かないけど、かなりの涼しさ。
改めてバイクの装備の大切さを実感しました。

そして、4号(バイパス)はガソリンスタンドやコンビニがないので、気をつけないと!
ほんっとにない!

しかも!!!な!なんと道上にバナナの皮が落ちている新国道4号!
奥が深いぞ!新4号。 ある意味林道より危険!

そんなこんなで無事、集合場所。
で、早速コンビニで買いました。
ご存知?栃木名物 「レモン牛乳shine
090921_090921__2

シェルパが飲みたがっていたので、少しあげて
後はみんなでまわし飲み♪

お味? ・・・・・・・・・・・・レモンの味しない!
駄菓子ジュースの味&香り
そんな飲み物「栃木名物 レモン牛乳」


そして栃木女総長M女史先導のもと、一路益子へ。

そう、今回のおばミーは陶芸をしに益子へやってきました。

心を無に・・・・・作る。

せっせと大量生産し7個ほど作ったけれど、あまりたいしたのができなく
結局、どんぶりを2つ残し、後はさようなら。

090921__3

みんなの作品。11人11色な作品ができました♪

終わる頃には皆さん・・・餓死寸前。
で、あらかじめ予約をしておいた、陶芸センター併設の「かぼ茶庵」へ。

お腹がすいていたのでペロリペロリと息つく暇もなくランチを完食。chick ゲフー

「お腹いっぱーい♪」と言いつつ、間髪いれずに
「道の駅 もてぎでアイス食べまーす。」とさすが女子ツー♪
そう来なくっちゃ。

名物はブルーベリーアイスだったんだけれども、
私はずんだアイスに惹かれ・・・

話せば長くなるけれど、去年の仙台旅行の土産で
母に全部ずんだ餅を食べられてしまってから
”ず・ん・だ”の文字を見ると、なんとしても食べたくなる!!!

つぶつぶ枝豆が入っておいしかったずんだアイス。
期間限定だけど(9月まで?)
機会があったら是非食べてみてください。

って・・・写真を撮り忘れたことに今気がついた。

KAWASAKI色のステキなアイスだったのに・・・ orz

ぺちゃくちゃとお話をしながら腹ごなしをして
「まだ、時間も早いし、もてぎサーキット行っちゃう?」と言う話になって
いざ、出陣! chick ブオオーー! (注:ほら貝の音)

.
サーキットのゲートの前で記念撮影♪

・・・・・・・・・ だれか! わたしたちを 撮って! ・・・・・・・・・・

困っていた矢先にイケメンライダー登場
なぜなのか?ゲートくぐらず、私達から少し離れたところで停車。
なんかごちゃごちゃやってる。

ので、おばミー べっぴん隊隊長Kさんとともに
すっごい笑顔で近づいていって「すみませーーん、写真撮ってもらえますかーー?heart04

一瞬・・・たじろいだようなおにーさん、「いいですよ。」と答えたのが運のつき?
5台?のカメラを渡されて 一変 カメラ屋さん状態。

私はカメラを持って行っていなかったので、バイクのみの写真。
後で仲間から写真を分けてもらいましょう♪
090921_at

なんでだろう?
私の写真いつもピンボケ。
一生懸命探したけれど、手ブレ防止機能がない!

そして、解散。
埼玉北上組は帰り一路 新4号を南下。

途中混んでいたりですり抜けをしたけれど・・・
ちょっぴりワクワク、かなりビクビク。

途中からすり抜けできない症候群?のBさんと共にゆるり走行。

朝集まった、道の駅 庄和で全員と合流。
しばし休憩をしながら別れを惜しみ
それぞれの家路につきました。

みんなとっても優しくて、ヘンなことやらかしても暖かい目で見守ってくれるし
ヘロヘロライダーの私も楽しく参加できました。

楽しい楽しい1日でした。マル


追記: 帰りの夕日は線香花火そっくりでした。パチパチってしてなかったけど・・

追記: シコを踏んだら、内股が痛い・・・ ニーグリップできてたってこと???

2007年10月15日 (月)

バイクでお出かけ

昨日、友達のバイクに乗っけてもらい、相模湖までツーリングに行ってきました。

たのしーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!
すっごく楽しいです。

バイクを運転する友達のメットを流れる風景、メットの前を空けていると漂ってくる街のにおい(多くが食べ物のにおいだけど)。
とても刺激的です。

まずは高尾山まで行き、そこからくねくねと山道Go!Go!

のぼったり・・・くだったり・・・
細い山道(ちゃんと舗装されています)をくねくね右に左に体重移動。
対向車にブレーキ。ちょっとドキドキしたり。

相模湖を一周して、帰りに高尾山からすぐそばの囲炉裏焼き「ろくざん亭」でランチ。
毎年、高尾山に初詣に来る私ですが、初めてのお店。
古民家を改築した風情のあるお店で七輪で野菜や肉を焼いて食べました。
男の子(実はもうただのおじさんですねー)&大食いの私にはちょいと量が少なめでしたが・・
ゆっくりとだべりながら遅いランチを楽しみました。

しかし・・1日乗り回すとおしりが・・・痛い・・・
あっちゃいけない部分(タレ尻部分)がひりひりします。
そして体重をかけていた右手もかなりの筋肉痛。

・・・と言うか、私とほぼ同じ体重にもかかわらず(きゃあ!!)、一日私を乗せてバイクを運転してくれた友達に大感謝です。
最後、私を途中の駅まで送ってくれた時はさすがに疲労困ぱいのご様子。

彼も若いときにはブイブイ言わせていたようですが、寄せる年波には・・・・・・のようです。

”ダイエットしたら”また連れて行ってくれると言うので、がんばって!やせます!

みなさん、くれぐれも私にえさを与えないよう、もしくは食べているのを見かけましたら、是非是非厳しい愛の鞭をお願いします。

より以前の記事一覧