無料ブログはココログ

2006年7月 5日 (水)

北朝鮮

今日 午前3時過ぎに北朝鮮がミサイルを3発発射し、いずれも日本海近辺に落ちたとのニュース。

ドイツ戦観戦中のテレビのテロップに一瞬固まりました。その1時間前にはアメリカでスペースシャトル ディスカバリーの打ち上げが成功した矢先。

どうやら、発射準備を進めていたと言われる「テポドン2号」ではないとのことですが(確認中)、それにしても・・・

一体全体、どう言う意味があって、このようなバカげた行為を続けるんでしょう?

わざとらしい韓国 拉致被害者の対面。まず、あれで韓国が見方になってくれると思ったのでしょうが、

残念でした、韓国の見解はある意味ちょっと意外なほど冷ややかなものであったようですね。

北朝鮮は今回のミサイル発射で自分の立場が・・・いや・・・”彼”にそんな常識を説いてもはじまらないでしょうが。

「窮鼠猫をかむ」。この表現がぴったりな今回の北朝鮮の行動ですが、日本もそしてたくさんお金もらってるアメリカも今回の行為に

今までのように厳しい処置をとることを求めたいところです。

が・・・北朝鮮に石油でもあったら、アメリカはとっくに戦争をしかけているんでしょうねえ。北朝鮮に勝っても、アメリカ得るものがないですから・・・

まさか、「まー、まー、今度やったら制裁加えるからね。」とかふざけた対応をとるんじゃないでしょうね。

小泉首相、エルビスを語るのも結構だが有終の美、頼むからあなたの行動力(この人はコレしかないでしょ?)に期待するよ。

アメリカの忠実な犬でいることもある程度いたしかたないとしても今回はアメリカを動かしてくれ。