無料ブログはココログ

« ももももももももものうち | トップページ | 夏休み珍道中 北海道編 その2 »

2015年8月18日 (火)

夏休み珍道中 北海道編

さてさて、今年の夏休みは7泊8日 北海道~東北の旅をしてまいりました。
盛りだくさん、珍道中の旅ですので、北海道編と東北編に分けますが超長編になります。

~ DAY-0 8月8日(土) ~

夏休み直前、年長さんと小学生のレッスンを済ませて
最後のレッスンは気もそぞろになっていたことは秘密。
で、レッスン終了後、さっさと風呂とご飯を済ませて、
早稲田にある叔母の家へ。

翌日の羽田発6:55発の飛行機に乗るには
桶川からだと間に合わない。
と言うことで、泊まらせてもらうことに。

クーラーのある部屋が1つだけだったので、叔母と同じ部屋で
寝かせてもらいました。

2人ともコーフンして夜中の3時ころから目が冴えてしまい、
暗い中、ぺちゃくちゃとたわいもないお話をしながら朝を迎えました。

~ DAY-1 8月9日(日) ~

朝、5時前出発。無事、予定通りに羽田へ到着。
そう、わたくしバイクや車だとヨレヨレですが、電車の旅ならばきびきびと行動できます。chick

最新技術?のQRコードによるチェックインも難なく済ませ、
久々の飛行機での一人旅に多少オタオタしながらもセキュリティチェック。

私のリュックがぴーーーーとなります。

脇に呼ばれて、
dog「この辺にアーミーナイフのようなものがあります。探していただけますか?」
すごい!そこまでわかるのか!

ちょっぴり身に覚えのある私は、すぐさま、リュックのポケットからアーミーナイフ発見。shock

Img_6106

アーミーナイフが好きな私は3本ほど持っており、どっかしらのバッグに常に入っているのです。
過去にも何度もこれで引き止められたっけ・・・ orz

で、別便でナイフを預けて、今度こそ無事、搭乗口までたどり着きます。

Img_6108

途中で朝ごはんをゲットして、控えめに食べます。

Img_6109

今回はお菓子の持ち込みありません。
だって、北海道でおいしい物たくさん食べるんですもの!!

たった1時間半で羽田から北海道の新千歳空港へ。

あれ?バイクの旅では???
と、疑問をお持ちの皆さんへ。

シェルパは今回の旅の友、毎度おなじみぱぱさんが
先にトランポで北海道へ輸送してくれています。

ので、私は身ひとつで北海道へ上陸。 ミガルーーーchick

空港では熊さんがお出迎え。

Img_6113

難なくぱぱさんと落ち合い、北海道旅行のはじまりはじまり~

まずは、トランポ号で一路 帯広六花亭をめざします。 rvcardash

途中立ち寄ったパーキングで早速北海道を満喫。
ぱぱさんがお手洗いから出てくるまでの間にとうもろこしと十勝豚串を平らげました。

Img_6114

Img_6115

そして、六花亭本店到着!!
夢にまで見たサクサクパイを食べます。

Img_6118

サクサクパイの他にも、あらかじめ入手しておいた情報で
雪んこチーズととかち帯広発もゲットhappy02

まずは噂のサクサクパイ。

Img_6119

サクサクと言うよりポリポリ位しっかりとしたパイの中にクリームが入っています。
確か情報では注文してからクリームを注入してくれるとあった気がしますが
お盆で混んでいたからか、あらかじめクリームは入っていました。
でも、充分においしかったlovely

お次は雪んこちゃん。

Img_6120

濃厚クリームチーズをチョコビスキーがサンド。
一部の人から「サクサクパイより好き」と言われる理由がわかります。

そして、情報はなかったけれど、一緒に売っていたので勢いで買った
「とかち帯広発」。

Img_6122

おぉ!これは・・・有名ないちごチョコ的なクリームがたっぷりと仕込んである!!
1人3つずつ、計6つをあっさり平らげた。 やじきたコンビpigpig

Img_6123

六花亭の女子トイレのマーク・・・・・・sweat02
あまりにアーティスティック過ぎて、凡人の私にはただただコワイだけでした。

さて、胃に休みを与えることなく、六花亭を後にし、近くのホコ天で食い荒らします。

Img_6126

気温は27度くらい。関東と5度は違います。
更に湿気もないので爽やかです。

Img_6128

北海道のソウルドリンク?カツゲンも飲みます。
ヤクルトほどくどくなく美味しい♪

さて、この日は終日観光です。
けっして食い倒れの日じゃぁありません。
帯広競馬場でばんえい競馬の観戦です。horsehorsehorse

Img_6104

Img_6131

♪ねぇ、ミルキー、こっち向いて♪

Img_6133

ばんえい競馬 全く下調べしていなかったのですが
いわゆる平坦なコースを疾走するのではなく、
重たいそりを引きながら、コース上にある2つの山を越えて走る力自慢の競馬です。

馬券購入締め切り時間が迫っていたので、
とりあえず、適当に馬券を買ってみます。

Img_6138

各馬一斉にスタート。
第一の山を登ります。

Img_6140

Img_6141

第一の山を乗り越え、さぁ!どうなるか???
と思っていると、各馬停止www

え?どして?
重たいそりを引いて、一山越えるとくたびれて小休止が入るようです(笑)

どの馬もなかなか動き出しませんが、騎手の人が後ろから必死にムチをくれると
1頭が動き出し、それにつられて、他の馬達もノロノロと動き始めます。

そして、第二の山を越え・・・・
あと50m位?なのに、また停止(笑)

Img_6143

騎手の必死のムチで全頭ゴールイン。happy01

とてもほのぼのする競馬です♪

2レース目はパドックでお馬さん鑑賞から。

Img_6158

かわいーーーーー!!!happy02

Img_6161

ぱぱさんは初競馬?だったようで、ビギナーズラック 見事1着を当てました♪

Img_6164

うーん、競馬いいheart04

さてさて、日が暮れる前に本日の宿泊地へ移動しましょう。
夜の北海道は何が出るかわかりませんから。

初日は車中泊。
スーパーFUKUHARAで海の幸と煮込みジンギスカンを買ってディナー♪

Img_6192

Img_6194

Img_6195

この煮込みジンギスカン!ジンギスカンする道具がないので
試しに買ってみたのですが、おいしー!
最後はインスタントラーメンを入れておなか一杯♪

Img_6198

~ DAY-2 8月10日(月) ~

松山千春に起こされて、道の駅を散策。

Img_6203

今日は屈斜路湖のライダーハウスへ行って、林道散策の予定です。
シェルパを降ろしてもらって、ぱぱ号について行きます。 rvcardashchickdash

Img_6210

朝ごはんはセイコマが基本形。

Img_6212

なにやら怪しいお天気。途中で合羽を着込み走ります。
3シーズンのライジャケに合羽を着ても肌寒いくらい。
さすが北海道です。

走っていると、道の駅 足寄で美しいshine美しいshineと宣伝していた
オンネトーの看板発見。
立ち寄ってみることにします。

晴れているオンネトー

Photo

現実・・・・

Img_6213

青くないっ!!weep
どんよりとした厚い雲に 青く輝く湖もグレーdown

雨は降ったりやんだり。途中かなりの雨量shock
本日の林道ツーリングが危ぶまれます。

しかーし!日ごろの行いと気象神社のおかげか、
屈斜路湖のそばにある川湯温泉のライダーハウスに着く頃には晴れsun

Img_6358

こちらには2泊します。

チェックインにはまだ早いので、カブ太郎を出して、
シェルパと2台でさっそく周辺散策。

Img_6217

まずは神の子池へ。真っ青な湧き水が美しいshine

ソコに行くまでの軽いダート。
前にノロノロ進むSS?バイクとその後ろに続く自動車、ぱぱさん、私の順。

ふふふ♪普段はビュンビュン飛ばすSSも砂利じゃ遅いのねっ♪
なーんて調子ぶっこいていたら、車がブレーキをかけ、ぱぱさん余裕で停車。
わたくし、フロントブレーキをかけて、コケる。 ギャッchicksign05

Img_6222

無残なタイヤ痕。
ちょっと肩が痛いけど、なんとか大丈夫そう。
シェルパのお面がはずれて、ぱぱさんがさっさと修理をします。

凹んで弱っている私にたくさんのアブが寄ってきます。
イタイッchicksweat01
アブが手をあま噛みします。weep

無事、シェルパを直してもらい再出発。 chicksign04

がしかし、ここですっかりビビリモードに突入。
普段のノロさの更に1/2倍速で走行し、
それでも何とか神の子池到着shine

Img_6226

水の色が水色。
なんでこんな色になるんでしょうねー?
しばし心を奪われながら、散策した後は
さくら鱒の滝登りを見に行きます。

Img_6244

3mくらいの滝を次から次へとジャンプして登ろうとするさくら鱒たち。
滝に跳ね飛ばされても、どんどんどんどん向かっていきます。

私だったらうわーーーって流されて、しょんぼり滝つぼで
べそかきながら余生を過ごしてしまいそうなすごい滝登りでした。
この旅のベスト3に入るカンドーの時間でした。

動画を撮って、これがまたカンドーものなのだけれど、
いまいちアップ方法がわからないのであきらめます。

必死になって滝を上っていくまるまると太った鱒を見ていたら
おなかがすいてきました。

無性にマス料理が食べたくなりましたが、カレーにしました。

Img_6248

さて、腹ごしらえして、屈斜路湖の林道を走ります。
ビビリモードはONのまま。 orz

あまりののろさに先導するぱぱさんが上り坂を3階建ての家と錯覚する白昼夢まで見てしまいw
グダグダ林道ツーとなりました。

Img_6252

林道を抜けてぱぱさんおまちかねのお風呂ターイムspa

ちゃぽーーーん♪

Img_6259

はいっ!5秒以上凝視した方は5秒につき1万円申し受けます。dollar

そして、ライダーハウスへ戻る帰り道。
ついに来ました!雨!!

どしゃ降りです!shock
すると突然、シェルパエンジン停止!!

え?ガス欠?にはまだ少し早いはず・・・
まさか!エンジン焼きつき???
こんなところで???shock

先を行くぱぱさんは私がいなくなったことに気づかないのか
既に姿が見えません。

心細くて涙が出そうですが、一生懸命セルを回します。
でも、回し過ぎるとバッテリーが上がることも知っているので
加減しながらエンジンがかかることを祈りながらセルを回します。

雨でブーツの中もパンツもびしょびしょです。crying

少しするとエンジンがかかった!!!!
慌ててぱぱさんを追いかけると1km程行ったところで
待っていてくれました。pig

が、また、エンジン停止。shock

宿までたぶん10~15kmだろう。
一生懸命エンジンをかけるぱぱさんを見ながら
「きっと、ぱぱさんが宿に戻って、トランポで迎えに来るまで、一人でここにいるんだわ・・・crying
いろいろなことが頭を巡りました。

が!エンジンかかった!
数年前にプラグコードが劣化して、洗車ごとにエンジンかからなくなっていた
あの状態だ!

おうちへ帰ったら、はとやで見てもらわなきゃ・・・

とにもかくにも、無事、シェルパのエンジンはかかり、
宿までたどり着くことができました。
ぱぱさん、ありがとう。weep

そして、いつしか雨は小雨。
さっきの雨はなんだったんだ?って感じですが
この日、各地でゲリラ豪雨。
大変だったところもあったようです。

ずぶぬれの体を、近くの温泉へあったまりに。
昭和感ただよう、風情のある温泉でした。
弟子屈のリストバンドで半額になりました。

息を吹き返した2人は近くの居酒屋で食べます♪食べます♪

Img_6610

眠くなったら、とっとと寝ます。
もう、ぱぱさんのいびきも聞こえません。 chicksleepy

~ DAY-3 8月11日(火) ~

たくさん食べて、たっぷり寝て、転んだ後遺症もだいぶよくなりました。
今日は朝からいい天気happy02
今日は知床半島にお出かけです。

が、午後3時過ぎから雨予報。
昨日は宿からそう遠くないところでのエンストでしたが
もし、遠い知床半島でどしゃ降りにあって、シェルパが動かなくなったら・・・shock

悔しいけれど、ぱぱ号で出かけることにしました。rvcardash

まずは国後島が見える、野付半島に向かいます。

宿を出てまもなく、なんか黄色い山が見えてきます。

Img_6272

・・・shock 立ち寄ってみましょう。

Img_6283

ぐ、ぐるじぃ・・・
程ではないですが、硫黄のにおいがします。
駐車場で冷たいむくろになっている小鳥がいました。
ガスにやられたのでしょうか?

さて、今日は遠くまで行くので先を急ぎます。

Img_6286

北海道の道はどこも果てしなくまっすぐ。
「キタキツネ物語」の「赤い狩人」と「知床旅情」と「早春賦」が頭の中をグルグルします。

「知床旅情」と「早春賦」ってメロディーが似ていると思いませんか?

そして、多和平。
お天気良好。牧歌的な緑の丘が続きます。
背後からハイジの乗ったブランコがぶつかってきそうです。

Img_6288

Img_6291

続いて開陽台。
はちみつソフトが名物らしいので、売店開店と同時に入りましたが、
店のじぃさんが、「まだ、ソフトの準備できてないんですよ・・」

ヌァニーーーannoychick

この後まだまだ先は長いので、あきらめて野付半島へ向かいました。

が、後からマイミクさんたちがこぞって「ここのアイスは美味しい!」と言うので
またいつか、リベンジに行けたらと思います。

野付半島を地図で見るとほっそーーーーい港のようです。
道の両側が海です。

Img_6301

晴れて、左に知床半島、右に国後島が浮かびます。

Img_6304

北海道及び北方四島は戦後大変な目にあったそうです。
歴史を今一度お勉強しなければならないと思いました。
が、未だ勉強は開始していません。 orz

遥かに見える近いような遠い国後島を後に、
ぱぱ号はサーモンセンターに向かいます。

いくら丼とるいべママlovely

Img_6311

腹を満たしたら、知床半島の「熊の湯」です。

Img_6313

ちゃんと男女別々です。happy01

知床峠から見る羅臼岳shine

Img_6319

オシンコシンの滝

Img_6327

最近ではすっかり夫婦呼ばわりされても抵抗がなくなってきました。
ちょっと前までは「ジョーダンじゃない!父と娘だわっ!annoy
と、今でもそう信じて疑いませんが、周りの人に「おくさん!」と呼ばれるのを
いちいち否定して回るのも大人気ないので?放っておきます(笑)

そんなこんなで知床半島を回って、宿に戻る頃にはガソリンがほとんどからっぽ。
ホクレンで50リットル給油すると、北海道の地図がもらえます。

Img_6336

近くのセイコマで矛盾の品を発見。

Img_6337

「ビックカツ」・・「ミニ」 どっちなんだw

夕方からまた雨が降りだしました。
昼間のお天気の中シェルパで走りたかったですが
やはり、今日は自動車で正解だったのかな。

宿の近くの温泉につかった後、今日はライダーハウスでBBQhappy02

1000円で鮭やらジンギスカンやら焼肉やら、飲めや歌え♪

Img_6352

洗濯物をして、乾燥機を回していたら、「あと15分」のまま
1時間近く乾燥を続け、洗濯物が妙に縮こまりました。

が、幸い洋服自体は縮まなかったようです。

~ DAY-4 8月12日(水) ~

川湯温泉を去り、一路、マッサンの待つ余市へ。

トランポらくちーーーん。
ぱぱ号はマニュアル車なので、私は助手席専門。
気楽に転寝をしたり、お菓子を食べたりして過ごします。

昼前に余市到着。

まずはニッカの工場見学ツアーの予約をしてからランチへ。

Img_6363

うに丼 時価 4000円。
あきらめて、貝の3種丼。
ツブ貝、マテ貝、ミテ貝・・・だかなんだか入っていました。
貝大好き私はとっても幸せランチ♪

Img_6364

あぁ、もうだめだ、力尽きたので、続きは
夏休み珍道中 北海道編 その2へつづくsleepy

« ももももももももものうち | トップページ | 夏休み珍道中 北海道編 その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ももももももももものうち | トップページ | 夏休み珍道中 北海道編 その2 »