無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月29日 (月)

お山のお茶会

なぜ、シェルパでお山に行くのか?
それはお山で飲むお茶とお菓子がおいしいからですshine

もちろん、おしゃれなカフェでのお茶もとっても楽しいのですが
やっぱり、よい空気と景色に囲まれて、お茶をするのはとても美味しいのです。

虫さえいなければ・・・weep

と言うわけで、ちくわぶさんの骨折快気も兼ねて
みかぼ林道へお出かけをしました。

みかぼちゃん、秘密基地のほかに唯一、わたくしがご案内できる場所。
ドーゾドーゾchick

8名のお菓子好きのお友達が参加してくれました。

林道男(注)はやし みちおさんではありません)のタルルさんが言います。
「みかぼ林道の前に東みかぼに行こう!フラットだから。」

いやです。あの人はいつも「だいじょーぶ」と言いつつ怖いところへ
連れて行くのです。

信じちゃいけません(笑)

chick 「ピストンはちくわぶさんが、足怖いからだめ。」
タ 「ピストンじゃなく、抜けられるから。」
chick 「ほんとに怖くないか?」
タ 「こわくない!」

そうです、泥んこ族はいつも、そう言うのです。

chick 「んじゃ、みかぼ前半とどっちが怖い?」
タ 「それは東みかぼ。」
chick 「じゃ、みかぼ後半とは?」
タ 「みかぼ後半は結構ガレてるから、それよりラク。」
chick 「ほんとだな?」
タ 「インディアンうそつかない。」

と言ったような会話が、交わされたとか、交わされないとか・・・

で、東みかぼに最初に行くことにしました。

東みかぼ入り口。

Img_0368

植木で「ミカボ」って書いてあります。
かわいいなぁ♪

林道に入ります。

ま、ガレてる・・とは言いませんが・・・
怖いじゃないか!こーわーいーじゃーなーいーかー!!crying

心の中でちくわぶさんに謝りながら、テケテケと上ります。

5kmほどの東みかぼを抜け、今度は舗装路を少し走り、
今回のメインディッシュ みかぼ林道。

おぉshine、みごとなフラット林道。
これをフラットと言うのだ!!

みんなでホイホイと上り、東屋まで行きます。

本日のお菓子shine

Img_0367

ランチ風景shine

Img_0371

食べきれないほどのおやつshine
幸せいっぱいです。

あれを食べ、これを食べ、楽しいひととき。

ふと、空を見上げると、もくもくと雲cloud  shockヤバイ

と言うことで、記念撮影をささっとして、山を下ります。

Img_0375

やはりオフ車は、お山に映えますね♪

お山を降りきった辺りで雨・・・rain

きっと、ちょこっと先に帰ったbakeさんの置き土産でしょう。

合羽を着たら、止みました。

気象神社の神様に感謝しながら、ちょっとムレながら、
道の駅・・・・恐竜・・・・忘れましたにつきました。

すっかり体の中が蒸れて、暑いのでアイスを食べたりして休憩。

また、帰りに少し雨にも降られましたが、概ね元気にツーリング?を終了。

そうそう♪来月の東北ツーに備え、ゲルザブと言うお尻保護パッドを
bakeさんからレンタルし、1日走ったところ、
なんと!お尻が痛くないshine

これは買うしかありません!
と言うわけで、本日、無事ネットで購入♪

はやく来い来いゲルザブ♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうそう!その前の週末は、陶芸でプレートを受け取り
また、新しいプレート 今度はハロウィン版を作成して来ました。

Img_0338

5月のこいのぼりは、色をつけてもらっているうちに、とうに時期を過ぎてしまいました。

陶芸の後、いつも友達とランチに行きます。
今回は先日ネットで見つけた、おしゃれそうなカフェ?へ。

Img_0339

ランチも自然を意識した感じでとても美味しかったです。

Img_0340

バターは自分で作るのだ!

Img_0341

Img_0343

家に帰ってぼんやりしていると、都内でやっているブラジルフェアへのいざない。
去年は1度もいけなかった外国のフェア。
コレを逃したら、いつ行くの? 今でしょ? happy02

Img_0347

ブラジルのソーセージ リングイッサも食べがいがあって美味しい♪

Img_0346

アサイのアイスキャンディ

Img_0352

これもおいしかった♪

要はどの週末もよく食べ、よく遊んでいると言うことです。

おしまい。

2013年7月17日 (水)

四国・紀伊の国 珍道中 改 お天気ツー

海の日の3連休shineに1日 お休みを付け加えて四国、紀伊半島を旅してきました♪

土曜日お昼までのレッスンを終えて、
仲良しマイミクのぱぱさんのトランポにシェルパとぱぱさんのKLXを乗せて出発dashdash

Img_0122

今回の旅は初上陸の四国shine
徳島にある「日本一長い林道」と言われる剣山林道と美味しい海の幸が目的lovely

3連休初日の土曜日でしたが、昼過ぎと言う中途半端な出発時間がよかったのか
渋滞にはほとんど巻き込まれません。 rvcardash

が!途中、岐阜の辺りでしょうか、前がほとんど見えないほどの大雨!

Img_0126

私は隣の席にどっしりと座っているだけですので、
chick 「わー!すごい雨ですね~!」とかのんきなことばかり言ってましたが
運転するぱぱさんはさぞかし大変なことだったでしょう。

こうなると心配なのが野営地です。
今回、われわれは基本ホテル等を使わず、キャンプ+車中泊の旅の予定。
お天気にとても左右されます。

しかし、大阪を過ぎた頃からでしょうか、次第に雨は弱まり
四国へ渡る頃には雨はすっかり上がっていました。
と言うか、道路乾いていたので、四国は雨が降らなかったのでしょうか?

明石大橋?下には渦潮がぐるぐる・・・時間帯によるそうですが・・・しているそうです。

Img_0128

そして、四国初上陸~shine

ってか、午後埼玉を出て、夜の8時頃には四国に着いちゃうんですね~!
びっくり!

わたる君♪

Img_0130

橋は時間ごとにライトアップの色が変わります。
渡ってきた時は、緑色だったのに、今度は赤~青へのグラデーション。

Img_0134

夜遅くに予定の宿泊地に着き、わたくし車中泊、ぱぱさんキャンプの用意。
とは言っても、わたくしは役立たずなので、
お手洗いのところ巣立ち間近のツバメの赤ちゃんを見たり、のほほんと・・・ orz

もう少し、お役に立てるようになりたいものです・・・

四国は暑いと聞いていたので、冷えピタだの冷えひえグッズを揃えての
四国入りでしたが、なんと、この日は暑くも寒くもないちょうどいい感じで
ぐっすりと休むことができました。

翌朝sun、いい天気!バナナ1本だけ食べて、6時から剣山林道へ入ります!!

Img_0137

おや?心なしか体がシュっとしているような???
日ごろのダイエットのおかげでしょうか?
それともカメラマンがいいんでしょうか?
いえいえ、やっぱりモデルがいいんですね♪

未舗装部分の始まりで走行距離を記録。

Img_0140

徳島は・・・四国はなのかな?大きな岩がゴロゴロする川が縦横無尽に走っており
関東の景色とはとても違います。

Img_0141

いつも親切に先導をしてくれる ぱぱさんに導かれ
あんな道 こんな道を走ります。 horsechickdash

剣山林道は全長が87.7kmある日本で1番長いと呼ばれる林道です。
が、ここ数年はあちこちが崩落し、どっかしら通行止めになっているようです。

我々の行く先もほとんど全線に渡り、あっちでボロボロ、こっちでドサドサ
土や石が落ちていました。

あまり長い間、停車していなくない感じです。

でも!開けたところは最高な景色shine

Img_0150

途中、鳥居があり、登山道に続く道があったので見てみると、
杖がたくさん置いてあります。

Img_0157

では、少しだけ登ってみましょう♪ と言うことで杖を1本お借りして。

Img_0155

100mほどで 引き返したのはナイショです。 シーーッchick

こんな手作りの水のみ場があったり、とっても素敵なところです。

Img_0156

Img_0158

剣山林道はとても有名らしく、日本全国からオフローダーが来るのです。

Img_0160

そんなすごいところに、私でも来れたshine と感慨にふけっていると
クマ出没・・・shock

Img_0161

危険です!先を急ぎましょう。

そして、徳島のヘソ ポイントへ。

Img_0164

すばらしい眺望です。青い空に輝くシェルパshine

Img_0165

さて、山頂に近い場所での朝ごはんです。

Img_0171

きれいな景色と美味しい空気で食べるカップ麺はまた美味しさひとしおnote

剣山林道は全体的にフラットでとても走りやすい林道です。

Img_0176

Img_0179

しばらく行くと、通行止めの看板がありました。

Img_0181

pig 「行けるとこまで、行ってみましょう!」

もちろんです。

しばらく行くと、たくさんオフローダーの方々が溜まっています。

これ以上は行けなそうなので、無念の折り返し。
そして、雲行きが怪しくなってきたので、いったん舗装路を下って休憩所へ。

すると・・・雨がポツリポツリ・・・

ウソだっ!晴天神社にお参りしたんだから!そんなわけがない!!
とりあえず、お昼も過ぎていたので、お店で遅めのランチ。

カレーオムライス。

Img_0186

ボリュームたっぷりで、なかなか美味しゅうございました。

お腹が満ち、外を見てみると!
あら不思議!青空がのぞいているではありませんか!shine

これならば、剣山林道の反対側から、また登って、行けるところまで行きましょう!

クマに注意しながら。

Img_0189

Img_0192

途中でバンビちゃんにも遭遇。
まだ体に白い斑点が残る、おちびちゃん。
体を翻し、逃げるお尻が真っ白でキュートでした。

反対側は全線ほぼ全部斜面が崩落していて、
入り口側に比べ、ガレていましたが、ゆっくりゆっくり
転ぶことなく、走りきりました。

この日、未舗装部分だけで100km弱は走ったようです♪
 スゴイ?chick

夕方、基地にしていたしていた道の駅に戻り、
シェルパたちを積んで、徳島市内へ。

今晩はホテル泊です。
繁華街で、晩ごはんを楽しみます。

お刺身の群れ。
道の駅で宿を手配してくれた、おねいさんが
「はもは季節だから、ぜひ食べてみてくださいね。」
と言うので頼んでみました。

Img_0195

おいしかったけど、やっぱり生の方がいいな。
鯛がぷりぷりしこしこで超おいしかったheart04
あれなら、鯛10匹くらい食べられる!!

牛筋もスープまでとってもおいしく頂きました。

Img_0194

お腹がくちくなったので、すっかり眠くなってしまった私はホテルへ。
まだ、飲み足りない?ぱぱさんは夜の街へ繰り出していきました。

翌朝、早起きの私ですから、早朝散歩を。
ぱぱさんからは「昨晩、食べ過ぎて、まだお腹がいっぱいだから朝食はいいです。」との
メールをもらったので、一人でいそいそと徳島の町へ繰り出します♪

「四国に来たからには、讃岐うどんじゃ!」と、うろうろと探し回りますが・・・

chick 「あの・・・さぬきうどんは・・・?」
noodle 「えっ? さぁ、この辺には・・・」
chick 「さぬきう・・・」
noodle 「ないですねぇ・・sweat02

四国ならばどこにでも讃岐うどんが早朝からやっていると思っていたら
徳島はどうやら違うようです。

しょんぼりして、コンビニで朝食を買い、ホテルに戻って食べました。

そして、8時初のフェリーに乗船して、一路和歌山へ!! shipdash

Img_0204

痛フェリーです(笑)

Img_0206

和歌山ではわたしがバイクに乗り始めた頃からのマイミクさん
まーみさんと会うことになっています。

ポイントごとに連絡を入れながら、待ち合わせ場所の
和歌山 白浜海岸近くにある「とれとれ市場」へ向かいます。

和歌山はどこもかしこも山深く、関東平野に住む私には
両脇をずーーーっと山に囲まれて、とても異国な土地に見えました。

そんな景色に目を奪われながら、「とれとれ市場」に到着。
想像していたより、ものすごく大きな施設で
3連休最終日と言うこともあり、100台以上ある大きな駐車場がいっぱいな程
人・人・人・・・・

入り口で待つと言うまーみさんがうまく探せるか心配でしたが
すぐに、小柄で笑顔で待っている彼女を見つけました。

今までお互いmixiで話したりはしていましたが、
実際会うのは初めてなのに、初めての気がしません。

さっそく、市場でたくさんの海鮮を買い込み隣のBBQ海上へ。

自分で好きなものを焼けるのです!!

Img_0219

牡蠣、さざえ、巨大あさり、はものかまぼこ?に
鮎、ほたて、ムール貝などの串にたくさんのお寿司shine

このくつエビと呼ばれる、不思議なエビも食べたかったのですが
ちょいとお高かったので、今回はやめときました。

Img_0217

お腹が苦しくて、ぐったりするくらい食べてwww
まーみさんから立派な包みに入ったうめぼしを頂きました。
とても重たいです。
まさか、家に帰ってあけると、煙が出ておばあさんに・・・ shock
とドキドキしましたが、とっても大きなおいしー梅干が入っていました。

Photo

4年越しで会えた まーみさんとheart04

Img_0221

美味しい海鮮BBQランチを食べていると、いつの間にかスコール。rain
すごい雨です。
でも、私たちは屋根付のお食事どころだからへっちゃら♪

そのスコールもBBQ食べ終わる頃には止みsun
お土産を買いこんでから、まーみさんとはお別れし、伊勢を目指します。
晴天神社に感謝sun

途中、まーみさんおススメの熊野本宮大社へ立ち寄ります。

Img_0223

貸衣装を借りて歩く女性に声をかけ平安時代?へタイムスリップ。

Img_0224

やたがらすのステッカーを買いました♪

Photo_2

とってもかわいい♪
ぱぱさんにも色違いをプレゼント♪

温泉アプリで見つけた温泉でのんびり湯に浸り、
夜はちょっぴり食傷気味で控えめな晩ごはん。

ヘルシーサラダに、生の鰹、サイコロステーキ、タマゴ豆腐、

Img_0233

おいしく平らげました♪

朝はいつものごとく、早起きをして、周りを散策。
夜明け前のシェルパshine

Img_0235

白み行く海。

Img_0237

橋にはかにがいたり、洗面所には巣立ち間際のつばめたちがいたり、
素敵な野営地でした。

見事なうろこ雲。

Img_0242

そして、伊勢へ参ります。 rvcardash

連休明けの火曜日 朝7時過ぎ、いつもは肩が触れ合うほどにぎわう
「おかげ横丁」、「おはらい町」も人がほとんどいない♪

Img_0248

銀行もこんな風。

Img_0247

1000年に1度?の神様お引越しDAYを控え、
熊野神社も伊勢神宮も工事中な場所が多かったですが
ゆっくりと散策できて、よかったです。

Img_0251

しゃちほこ!ひげがすごい!!

Img_0244

大きな杉の木、新しいつるつるすべすべの鳥居を触りながら歩いていると
不思議な虫がいました。

Img_0257

羽?がまるで鳥の羽毛みたいなのです!
物知りのぱぱさんが虫の名前を教えてくれました。
が、忘れてしまいました(笑)

伊勢神宮をたっぷり堪能して、宝くじなんかも買っちゃったりして
大いに堪能しました。

とーぜん松坂牛串もheart04

Img_0261

伊勢神宮を後にし、この旅の最後のお楽しみ「亀八食堂」へ。

辛味噌であえたお肉と、たっぷりのキャベツ。
味が濃いかな~と思ったら、ちょうどいい♪

特にホルモン激うまでした。

Img_0274

Img_0275

Img_0272

う・・・写真見てたら、おなかすいてきた(笑)

またもおなかを膨らして、乗り込んだ車ではうとうと・・・ sleepy

ユーミンを歌ったり♪
桶川まで送っていただきました。

4日間!あ!っと言う間に過ぎちゃったけど、
盛りだくさんなとても楽しいお休みになりました。

4日間へーめんお世話係をしてくれたぱぱさんに大感謝です。
どうもありがとう。
これからもお世話・・・・かけます・・・(笑)

2013年7月 8日 (月)

どたばた 七夕

昨日は七夕の日。
夕方に土砂降りがありましたが、夜はやみましたね。
でも、残念ながら、天の川は見れなかった。

昨日は忙しい1日でした。

朝はロンドンから一時帰国した友人と築地で朝食をするため8時に築地へ。

ご本人のケータイがつながらないとのことで、
お兄さんのご自宅の電話番号をメモして出発。

電車に乗って、気づく・・・・・・・
メモ忘れてきたshock

「ま、大丈夫。そうそうハプニングなんてないから。」
安心して高崎線で眠っていると、着信!telephone

う!取り損ねた!「非通知」!
この時間帯!絶対に彼女だ!

何かあったんだろうか???
焦りながら築地へ向かいます。

待ち合わせの場所へ行くと、笑顔で待っていてくれました。
3年ぶりの再会を喜びつつ、築地場内?へ。

日曜日はほとんどのお店が閉まっていますが、
お目当ての虎杖は日曜もOpen。

名物のひつまぶしを頼みます。
1杯目はそのまま海鮮丼として

Img_0070

2杯目はたっぷりウニを混ぜて濃厚な海鮮丼

Img_0073

3杯目はお出汁を入れてお茶漬けに。

お腹いっぱいになりました。
で、でも、伊豆のまご茶の方が美味しいな。

「銀ブラでもしましょう」と歩き始めると、ものすごい日差し、湿度に耐え切れず
ドトールへ逃げ込みます。

お土産をたっくさんいただきました。

Img_0118

PGの紅茶に加えて、F&Mのフレーバーティ。
そして、生徒へとロンドンのPOP UP BOOK。

これがとっても楽しい。
ロンドン中の主要な建物が飛び出してきて、自分が街に繰り出したような気分にさせてくれます。

Popupbook

すてきなお土産をいただき、また、銀ブラ再開。
・・・するも、時間はまだ10時前、照りつける太陽sun
消耗する体力。

12時間のフライト直後だし、と言うことで
早めではありますが、今日のところは帰りましょう。
と言うことで、早めの解散と相成りました。

私は昼過ぎから英語教室のサマーキッズフェスティバルをしに浦和へ。

ちびっ子達と渡り合うために、まず栄養をつけます。

Img_0075

あっさり鶏そばを食べて、会場へ。

的当てをしたり、

Img_0081

占いをしたり

Img_0085

楽しみました。

みんなを送り出してから、今度はまた都内へ戻ります。
夕方からは役者さんのお友達のお芝居を見に参宮橋へ。

初めて降りた駅です。

友達と落ち合って、カレーを食べて劇場へ向かいます。

Img_0117

お芝居は色々な人間模様がそれぞれに展開していき
最後は各々の道へと向かいます。

なかなか面白いお話でした。

眠いので、これまた数年ぶりに再会した友達なのに
ちょこっとお茶をして、さっさと退散。 ネムイノヨーchick

寝苦しい夜、扇風機が欲しい季節になりました。

おやすみなさい。 コテッchicksleepy


2013年7月 1日 (月)

野良セローとの出会い ~栗原川林道~

気象神社に参拝して以来、梅雨だと言うのに、
お出かけする日はちゃんとお出かけできる程度のお天気が続いていますshine

アナタハ カミヲ シンジマスカ?  シンジマスchick

そして、昨日も栃木県にある栗原川林道へ遊びに行って参りました。

林道日和な日曜日、10人ほどの泥ラーが集まりました。

あいさつもそこそこに出発いたします。
私はもちろん、永久の初心者指定席の前から2番目を走らせてもらいます。
horsechickhorsehorsehorsehorsehorsehorsehorsehorse

しかし、出発からわずか1分後、最初の左折で後ろ半分の人たちが行方不明に・・・shock
隊長のらいさんが探し回るけれど、見つからない、連絡取れないで
前半分は途方に暮れます。  オカシデモ タベヨウchick

「生きていれば、きっと会えるshine」と言うことで、
前半分グループは栗原川林道へ突入します。

入り口には獣よけのフェンス。

9822464_1960764050_197large_2

「全面通行止め」の文字が気になりますが、
とりあえず、行けるとこまで、行ってみましょ♪と言うことに。

いつもわたくしはダントツ遅いので、介護の人を1名残し
他の方々には先に行っていただきます。

もちろん、みんな要所要所で待ってくれています。

そんな鬼ごっこのようなことを繰り返していると、
また、前方に停車しています。

今度は、みんなで、なにやら草むらをじっと見つめています。

そっと、指差された方をみると・・・・

Img_0036

ん?

Img_0040

鹿です!野良鹿!野良セローです!

エンジン音が聞こえる度に「ピクっ」としますが、また、草を食み始めます。

「そんなに美味しいのか?」ちょっぴり検証したくなりますが
私は草食動物ではないで、思いとどまりました。

野良セローちゃんは何しろ、ずーーーっと草を食べています。
どんだけおなか空いてんの??

9822464_1960764121_189large

野良セローを整列して眺める人々。

9822464_1960764125_70large

普通、こちらが見飽きる前に、逃げていくのが野生動物と言うものですが
今回は「ま、もう行くか?」と人間側から立ち去っていきました。

また、しばらく行くと、今度は素敵なトンネルです。
思わず、記念写真をパチリ。 camera
って、前もココで撮ったような気もするけど、ま、いっか♪

Img_0041

そんなこんなで関東で一番長いと言われる栗原川林道ですが、
無事、完走しました。 chickdash

林道を出て、やっと行方不明だった後ろ半分組と連絡が取れました。
なんと!ハグれた?後、別の道から林道に入り、支線まで楽しんだそうです。

とりあえず、生きて再会できたことを、喜び、
お楽しみのから揚げ屋さんで、お昼ご飯ですlovely

おススメのから揚げ定食shine

個人的には米粒などいらんから、鳥から単品を2つ頼みたかったのですが
「とり唐単品x2より鳥から定食の方が安いよ。」と言う、
落ち着いて考えると、「で?」と言う、おばちゃんマジックに引っかかり?
から揚げ定食、ご飯子ども盛り。を食べました。

Img_0043

カリッと揚がって美味しかった♪

若干、不安だった午後の天気ですが、
晴れ男のよっちゃんさんのおかげか、問題なさそうなので
また、栗原川林道を戻ることになりました。

同じ道つまんない?

そんなことはありません。
上りの道、下りの道、逆に走るだけで全然違う景色だったりします。
しんがりを努めてくれるらいさんに感謝しながら、ヨロヨロと走ります。
 コッチhorse ホイキタchickdash

泥んこライダーになって4年とちょっと。
♪ど~して そんなに のろいのか? カメサンヨ~chick

速くなくってもいいから、せめて、みなさんについていけるように・・・
ずっとずっと思ってきましたが、どうやら・・・無理な気がしてきました。
でも、幸か不幸かゆっくりしか走れないので、怪我らしい怪我はしたことがありません。

怪我したら、やっぱり一緒にいる人に迷惑と心配をかけちゃうから
のろくても、安全第一shine

これからも、要介護ライダーではありますが、
どうぞよろしくお願いします。


« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »