« 聞く耳 | トップページ | そう、私はオフ子 »

2010年6月 7日 (月)

富士山で泥んこ♪

昨日は富士山のふもとにある「イーハトーブの森」と言う
今年の4月にできたオフロードのコース。

まずはお友達と談合坂に集合。
どこをどう間違ったか、集合時間1時間半前に到着。  ヒマダヨー

で、セカンドブレックファースト♪ 「牛タン焼き串」
01_

もう少し焼き直して欲しかったけれど、ボリュームもそれなりにあってよし♪

談合坂からの高速組は3名。
気楽な感じで出発

そしてこちらも現地のハンバーガ屋さん待ち合わせ組との
待ち合わせ時間より‥1時間半前に到着。

早め早めの行動と言って。

ので、鳴沢氷穴を見学。

02__2

不揃いな階段…オフロードブーツはごっついのでヨロヨロ…
だんだん天井が低くなって…

う…足首が曲がらないっ…
もうこれ以上低くなれない…

たかだか15分程の行程だったのに大汗かいて脱出。イヤー


あら?見ると、お友達2人は涼しい顔。
「だって、0℃だし、寒いくらいだったよ。」

うっ‥運動不足露呈… orz


そして、ハンバーガー組と合流して。
「 Moose Hills Burger」でハンバーガーランチ♪
お店の看板もハンバーガー♪

07_


実は私はハンバーガー好きではなく
マックとかでもハンバーガー何年食べてないかしら?ってほど。

でも、「肉がおいしいらしい」との噂を聞き、行ってみることに。
私の頼んだのは2番目のお勧め「ステーキハンバーガー」

10_

お肉がやーらかーーーーい。
バンはいらない!肉だけでいいっ!

お友達が食べていたスモークベーコンハンバーガーの
ベーコンも少し頂きましたが(肉部のみ)なかなかおいしかったです。

かなり満腹な感じで、イーハトーブへ。

到着するとセローの軍団がいっぱい来ていて
講習会みたいのしています。
下が‥溶岩石ゴロゴロ…

いきなりヨロヨロします。  オットット・・

さっそく申し込みをして、コースへ‥行こうとしたら・・

あら‥怖い。
入口がいきなり急な下り坂・・

13_

お友達が下で「 だいじょーぶだから、ゆっくり下りておいで―」と
おいでおいでをしますけど‥・

こわいですもの… ジワー

覚悟を決めて、しゅるっ…
下り坂にはこぶしより大きな石だったり、木の根っこが出ていたり‥

土がふっかふか。

今年の4月にできて、まだ二ヶ月弱。
踏みならされない感いっぱい。

ところどころに石ころゴロン、根っこがピョーン。

避けながら用心深く走ります。

1周は‥わずか10分ほどでまわれてしまうミニコース。

2,3周して、もう少し自信をもって走れるようにと
手前にある、平らなコースに行って訓練♪ (お友達のフォトアルバムから拝借♪)

Photo

またコースに戻ったり、セローの群れにまみれて遊んだり♪

本日の不思議なポーズ。

Photo_2

・・・・・・なんのポーズなんでしょう?>>昨日の自分へ


総じて、コース、練習場は富士山の溶岩石があちこちに転がってて
それを避けなきゃいけないので怖いし
コース自体は小さいので、あまりバラエティに富んだことができないけれど
(上手な人は奥の道なき道を縦横無尽に走り回っていましたけれど‥)

初心者の私にはゆるゆると怖いながらも安心して走れるコースでした。

丸太セクションなるものもあって

11_

チャレンジャーなシェルパ猛者は丸太の海へ飛び込み♪
上ったり下りたり…

バイクと一緒に丸太もわさわさとはね動きます。こわっ!


オーナーさん曰く「現在も造成中」とのことにて
今後に大いに期待したいところです。


帰りはほうとうを♪

14_

宇宙船ではなく‥富士山の雲をイメージしたんですって。
建築業界のお友達が「こりゃー、つくんの大変。金かかってるよ。」
中に柱とか梁がない。

雪のかまくらみたいになってます。

15_

入り口で飛ぶ男。

そしてほうとう♪
大きなお鍋‥頭にかぶってもゆっるゆる位の大きさの鍋に入ってきたほうとう。

17_dinner

おいしかったです。

帰りは中央道がめちゃ混み。
すり抜けを怖がるわたくしにあわせてみなさん、5台で自動車の間にはさまってます。

「ちょっとなら、すりぬけしてもいい」と
私がGoサインを出したのでゆっくりゆっくりすり抜け 


無事、最終解散場所 談合坂SAに到着。

席を探し、スタバに陣をとり、紅茶を飲もうとすると
ケータイが鳴る。
画面には「公衆電話」と。

とりあえず出てみると「あーー!よかったつながったーー
母でした。

「どしたの?」
「家に鍵置いてきちゃって…何時ごろ帰る?」
「えーー、まだ談合坂だし‥2時間はかかるよ。」
「えーーーーっ!なるべく早く帰って来てよ。マックで待ってる。」

と言うわけで、紅茶も急ぎ急ぎ飲み、
渋滞をやり過ごす他のお友達を置いて
一足先に渋滞の渦へ…

一人びびりすり抜け開始…
入っては出てすり抜け、すぐに戻って…

自分が99%行ける!と思わないと行かれない。
圏央道に入ると急に自動車激減。

最高にマッハ(時々100km/h位)で帰路へ。

マックを見たら、もうしまっていた。
10時まで。現在11時。

家に戻ろうとしたら、母が「あーー、よかったーー!」
2人で家に入り

楽しいお出かけ。

梅雨に入るまでにあと何回泥んこ遊びできるかな~♪

« 聞く耳 | トップページ | そう、私はオフ子 »

コメント

>>クリツマさん

おかーさんは自宅、駅周辺を難民のように徘徊していたそうです。

家は駅前だけど、田舎なんでなんも空いてない。


すり抜けは基本絶対にしません。

お友達が「しよう」と言っても、こわいのでなかなか「うん」と言いません。

が、気が急いでいると…するのね。

でも、その方が危ないよね。

えっ?お母さんはどこにいたの1時間?!!
いやあ、間に合ったのかと思ったら、間に合わなかった結末。お母さんも心配だったろね。
渋滞でのバイクのすり抜け。ほんと気をつけてよね。こちとら車だから、バイクが来るとドキドキします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聞く耳 | トップページ | そう、私はオフ子 »