無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

2006年12月31日 (日)

今年一年お世話になりました&来年もよろしくお願いします

今年も残すところあと24時間を切ってしまいました。
ブログは最初のうちははりきって書いていましたが、
段々しりつぼみになっちゃったのが残念です。
来年はもう少しマメに更新したいと思います。


今日の予定は・・
午前中は昨日から始めた部屋の整理とお風呂の掃除を片付けねば。
お昼ご飯を食べたら・・・「GOOD LUCK」・・・見ちゃうんだろうなー。
大晦日にそんなことしてていいのかしら?

早めのお風呂に入り、ゆっくり晩御飯。
毎年、母の天ぷらそばを食べると決まっています。
今年は生さくらえびが入ったかき揚げそばだそうです。

紅白歌合戦を見ながら・・・スマップの出演を待ちます。
いつもぐーすか眠って、スマップのときだけ起こされる。そんな紅白です。

みなさんの年越しはどんなでしょう?

私は今年は出会いの年でした。
会社を辞めて新しいことをはじめて、児童英語の仲間がたくさんできました。
一応、”起業”と言うことでセミナーなどに参加して、起業する女性たちともたくさん出会いました。

今年出会った皆さん&前から遊んでくれているみなさん、今年1年お世話になりました。
よいお年をお迎えください。

そして、来年もよろしくお願いします。

2006年12月18日 (月)

クリスマスパーティ♪

ここのところ!木村君ネタばかりだったのですが、今日は久々に英語ネタを。

週末にクリスマスパーティを行いました。
プログラムとしては
 1.クリスマスの歌(We wish you a Merry Christmas)
 2.クリスマスの単語を使ったタッチゲーム
 3.雪だるま福笑い
 4.クリスマスじゃんけん
 5.クリスマスクラフト
 6.クリスマスクラッカーとサンタさんからのプレゼント!

どれもここ1年ほどで色々なところから仕入れたパクリネタばかりですが
みんな、とても楽しんでくれたようです♪(写真がうまく撮れてなくてお見せできないのが残念)

クリスマスの歌はみんななんとなくは知っていて、レッスンでも口ずさんでいる子もいたのですが
当日はほとんどの子がうたってくれなーい。どーしたんだろ?
手遊び部を導入したので、そっちをやるのがいっぱいいっぱいだったと言うのが本当のところだったようです。

タッチゲームは、かるくカードで説明しただけで、みなさん優秀!3歳の甥っ子まできゃーきゃー言いながらもちゃんとタッチ!
若干名タイミングを逸してタッチできず泣き出す子もいましたが、ご褒美のCandy Cane(みんな苦手なミント味とは知らずうれしそうにもらってました)をたくさんもらって満足そうでした♪

そして、一番盛り上がったのは福笑いでしょうか?
みんなにUp/Down/Right/Leftをあらかじめ動きで教えておいて、まずは私が目隠しをして
みんなに指示してもらいました、私がおかしなところにはろうとすると「Nooooooo!!! Up! Up! up!!!」とか大騒ぎ・・
Up/Downはみんなすぐに理解したようですが、左右はまだ難しかったみたいで「横っ!よこっ!ちがうっ!右っ!」と大騒ぎに。
本当はチーム制にしてどちらのチームの雪だるまが素敵にできたかを競おうと思ったのですが
人数も少なかったので、ボランティアで福笑いをしたい子 代表2名にやってもらいました。
ハンカチで目隠しをしたんだけど、大人の私はちゃんとできるのに、子供って小さいからかすぐにズリ落ちてきちゃう。

クリスマスじゃんけんはなぜか Kちゃんの一人勝ちで!彼女だけ途方もなく強い!なぜなんだ!
ミント嫌いの彼女がCandy Caneを独り占め状態でした。
きっと今頃後悔してるかも・・・(笑)

クリスマスクラフトは最近教わった新ネタ(まっきーさん、めにーさんくすです)。
幼稚園~小学校低学年と比較的小さい子ばかりだったので
ツリーはあらかじめ作っておき、シールだけ貼ってもらうようにしました。
これは子ども達にもウケたのですが、ママたちに「かわいーーーー」と大人気。
残ったツリーを根こそぎ「ください」と持っていかれてしまうほど・・・ (^^;)
(作り方教えましょうか?と言ったら、「めんどーだからいいです」だって・・・)

最後は自分的には一番手をかけたクリスマスクラッカー。試行錯誤して前夜夜なべ(って程でもないけど)して
作ったクラッカー。
「1,2,3 Merry Christmas!」で引っ張って♪ ・・・・あら?うまくお菓子の入ったクラッカーが手に残るはずが・・・
みんな床にポロポロ・・・・あわてて拾う子ども達・・・
私がめちゃくちゃ気に入ってくつけた天使のチョコ、子ども達に「かわいーーーーーーっ」と絶叫されること請け合いと思っていたのに
あ!っと言う間に口の中に・・・シクシクシクシク・・・ (^。^;)

061214_

クラッカーの中にSantaかReindeerかSnowmanの小さな札が入っていてサンタさんにその単語を言うと、同じメモ帳(写真)がもらえ、
みんな、ありんこのごとくサンタさんにたかり「Santa Claus!!」、「Snowman!」などと元気に言っておりました。
最後に少しお菓子と飲み物をを振る舞い歓談。
みんなクラフトのツリーを胸に帰っていきました。

絵本読み!もするつもりで準備していたんだけど、なぜかプログラムに入れるのをすっかり忘れていて
読めなかった。
ちゃんとスクリプトまで考えたのにーー・・・

ともあれ、なんとかパーティ終わり完全燃焼。はやくも一挙に年末気分になってしまいました。
ちゃんちゃん♪

みなさまのクリパレポートも楽しみにしています♪

2006年12月 7日 (木)

HERO映画化!!!

このブログ 「へーめんのはてな日記」ではなく「ヘーメンのキムタク日記」に変えようかしら・・・

決まりました!
ドラマ 「HERO」の映画化♪♪♪
来年9月公開です!

きゃーーーー!楽しみだ。


ただいま、SMAPコンサートDVDを鑑賞中♪
むふふ・・すてき。
友達の勧めで3枚目の「ダイアリー」から観賞開始。
5人の私服やホンネを聞けて・・・あ・・よだれが・・

2006年12月 2日 (土)

木村拓哉三昧

061202_
至福の一日でありました。

12/1 「武士の一分」初日。

まずは朝からチケットととってくれたM子と武士一を見に行く夢を♪
なぜか場所はロンドン。St. John's Wood辺りのバス停でバスを待っていて
「映画館はGreen Parkの辺だよね?Jubilee line?」などとローカルネタを連発していて
思い返すととても懐かしかった。
のに、見た映画はビートルズ・・・なぜだ! (^^;)

午前中は午後の来客に備えて部屋のお掃除。
人が来ると言うのはいつも乱れまくっている部屋を掃除するいい機会なので歓迎です。ハイ。

そして待ちかねたお昼。
「いいとも」に木村拓哉出演!
昨日の出演決定に友達からのメールが殺到。
「明日キムタク”いいとも”でるよ!」と何通のメールが来たことか。みんな!感謝よ。
そして木村君♪
出てきたとたんに思わずよだれがたれてしまった自分が恥ずかしい。

顔のアップに勝手に胸を高鳴らせ・・・
タモリ:「今日の舞台挨拶場どこで?」
木村:「まるのうちぴ・・・・(もにょもにょ)」
きゃーー!私行きます!行きます!テレビの前で手を上げている私・・・(恥)
ストラップはもらえず残念でしたね。

そしてそして「徹子の部屋」に。
服が地味~。おじさんみたーい。髪型も脳天から噴火してるみたいだぞ?
でも♪いいのです、木村君さえ見られれば♪

来客をテキトーにあしらい?(ウソです。ウソです。お仕事関係の人が来て色々手伝ってもらいました)
有楽町の丸の内ピカデリーに。
30分前についたけれど、報道陣がすっごーい!
一瞬、ココを木村君たちが通るのか?って程のカメラ。
お客さんを撮ってました。
友達と待ち合わせだけれど、館内に入るにはケータイを封筒に入れさせられてホチキスでとめられちゃう。
そんなことまでしなくても・・・

なんとかM子と会い、待つ・・・待つ・・・ドキドキドキ・・・
開始時間を10分程過ぎ、山田監督をはじめ女優俳優さん登場!
最後に入ってきた木村君・・・・
か・・かっこいぃ・・・青色吐息状態のわたし・・・

中間(チュウゲン)役の笹野さんがめちゃくちゃおもしろい。
山田監督と桃井かおりもなんか楽しそう。
小30分の舞台挨拶。
カメラのリクエストに応じて右を向いたり左を向いたり・・・
やー、どっち向いてもかっこいーーーわーーーーー。貧血状態のわたし・・

さよーならーーー!木村君!もっと見ていたかったけど。
ま、そうもいくまい。
そして、映画が始まる。

妻役の檀れい・・・きれい。もちろん、顔もきれいなんだけど、足の裏ときゅっとしまった
・・・?なんて言うんだ?足首の後ろ側!清楚な色気を感じました。
檀れいの足にホレました。

木村君、かつら姿がヤダなーと思っていたけれど、映画で見ていると段々だいじょうぶに。
かっちょいーよなー。かっちょいーよなあ・・もう。
自分のイメージの中の盲目の人とはちょっとイメージが違ったけど
かっこいいからいいの。うん。
殺陣はさすが剣道経験者。歌舞伎役者 坂東三津五郎との迫力の決闘。
さらに惚・・・

笹野高史演じるユーモラスな中間もとても印象的。
木村君とのやりとりがとても素敵。

最後、若い夫婦がこれからもしっかり生きていこうとするシーンで終わり、
最後まで見ていてすがすがしかったデス。

木村君中心で見ているので映画として正当な評価はできないけれど
みなさま、是非ごらんくださいませ。

帰り、地元の駅を降りると、ほろ酔い加減のおじさんがすごい勢いで
「セーラー服と機関銃」を口笛で吹きながら通り過ぎていきました。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »