無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

テレビ埼玉とMXTV

最近、見たいな!と思うテレビ番組が少ない気がします。
もちろん、お気に入りの番組はあります。
スマスマとかー♪オーラの泉とか、ためしてガッテンやその時歴史は動いたとか・・
あいのりも惰性で見ています。

だらだらと見るとはなしにみる時間も実は長いのですが
最近、見ているのは・・・

朝7時からのテレビ埼玉 家なき子:中学時代にテレビ東京でやっていたものの再放送。
   カルピス子供劇場→ハウス世界名作劇場おたく?の私ごのみの名作系。
   あのゆるい展開がたまらない!!!今の子供にはトロく感じてしまうかもだけど、
   時間があれば是非子供に見て欲しいデス。
   もうすぐお師匠さん(ビタリス老人)が死んでしまうっ!
   フランスの地方都市の名前が出てきたり、プチお楽しみもあります。
   そして、なにあより主題歌 2曲が未だにそらで歌えるのに気がついて・・・愕然・・・


火曜日夜6:30MXTV 妖怪人間ベム:むかーーーしむかし、これまたテレ東でやっていた番組のリメイク。
   昨日、たまたまチャンネルを回していて気がついてみたのですが!
   ああ、なんておもしろいんでしょう!!!
   昔のベムベラベラ!髣髴させてくれます。来週も見なくては!!!

土曜日午後4時 MXTV フランダースの犬:もちろん!カルピス子供劇場の名作です。
   最近、みていないけど、もうかなり後半なはず。

今は1クール3ヶ月が普通だけれど、昔の番組はアニメでもドラマでも1年モノが多かった。
今は1年分をスピーディに3ヶ月でこなしてしまうんですね。
現代社会を象徴している感じ。

来年1月からは木村君主演ドラマが始まるらしいし!!
年末から「武士の一分」もあるし!!!
テレビを見る機会が増えそうです。

2006年8月21日 (月)

田崎真珠 ステーキ食べ放題ツアー

昨日は陶芸友達と3人で田崎真珠主催のステーキ食べ放題ツアー(きっと本当のタイトルはもっと素敵だった気がする)へ行ってきました。
大宮発着と言う埼玉の片田舎在住の私には最適なツアー。

「お菓子は300円まで」のお約束に、たこ焼きスナック、おふ菓子、チョコレートを別袋に詰め込んで、桶川駅集合。
友達に「食べ放題なのに、なんでそんなに持ってくるのーーー?」と非難?を浴びつつ出発。
定刻に大宮を出発。高速道路はガラガラ。竹橋のあたりで少し混んでいたけれど、快適に第一の停車場所は赤坂の田崎真珠ギャラリー。
20分のお話の後、1時間のお買い物時間。「ま、仕方ないよね。」と友達。
20分のお話は真珠がどんな風に作られるかなどを期待していたんだけど、田崎真珠の新作の紹介・・・
なあんだあ・・・ちょっとがっかり。
しかし、なんとネックレスのモデル?の一人に選ばれ、かわいい3つ真珠のついたネックレスを試着。
でも、自分でやると見えないじゃーん!お値段は30万ちょっと。
買えないけど、意外とリーズナブルなお値段の驚きながら、お買い物タイム。
3人とも買うつもりなどさらさらないけど、あーでもないこーでもない言いながら、店内物色。
でも、ツアー客の半分位はお手ごろ値段のアクセを買っていました。
田崎もこれで元取れたかな?

昔、行った銀座のティファニーはめちゃくちゃゴージャスだったけど、ここはかなり地味。
目を見張るようなものはなかったけれど、質のいい真珠が想像していたよりリーズナブルなお値段で売られているんだな。と思いました。
真珠を買う予定があるなら、また行ってみたいな。(ないけど)

お次はお待ちかね赤坂東急キャピタルホテルでのステーキ食べ放題ランチ!
バスではお菓子も食べず(除 チョコを5つ)頑張って待ったこの瞬間。
横目で色鮮やかなフルーツタルトやレアチーズを見ながら、ステーキを焼いているところへ直行。
フィレとサーロイン。とりあえず、1枚ずつ♪炭水化物は食べちゃいけない!とエビチリとチキンの香草焼きを乗せてテーブルへ。
ペロン。5分位で完食 (^^;)
2nd dish... 3rd dish... 合計6枚のステーキを食べました♪
フィレはおいしかったけど、サーロインはイマイチだったな。とは言え肉好きの私は大満足。
満腹の蚊のようによろよろ歩きながらデザートへ。しかーーーし!お目当てのフルーツタルトとチーズケーキが完売!ひどいわっ!(涙)
でも・・・ステーキ10枚はいけると思っていたのに・・・よる年並みには勝てないと痛感。

1時間半のランチタイム、他のツアー客の方々は1時間ほどでどこかに消えて行ったけれど、私たち3人はのーんびりお茶などを楽しみました。

最後は葛西水族園へ。おいしそうな?マグロがたくさん泳いでいたり、色鮮やかな南の海の魚をみたり。
おかしな顔をしたかえる魚をみて笑ってみたり(ごめんね、かえる魚)。
生臭いペンギンを見ているとき、思い出した!甲子園 早実vs駒大苫小牧戦。ケータイのテレビをつけ、食い入るように見つめる私たち。実は全員 甲子園ファン。
帰りのバスの中でも一番後ろの席で固唾を呑んでザーザーの画面を見る。

延長に突入。バスは大宮へ到着。ケータイの電池がなくなりそう!!!
友達の機転で駅前のビックカメラへ。たくさんの人が既にテレビに集まっていて、NHK(テレ朝でもやってたけど、やっぱNHKでしょ?)を放映しているテレビの1台の前をゲット。
一球、1アウトにこぶしを突き上げ一喜一憂。
15回を終え、延長引き分け 再試合。
ポーカーフェイス 粘りの早実 斉藤、理想の体格から繰り出す本格派 駒大 田中、両ピッチャー共に100球を優に超える連日のピッチング。
1日くらいあけてやればいいのに、即翌日の再試合。
2人とも3年生 最後の甲子園。他の選手も悔いのないようにね!!!

・・・・あれ?ツアーの話がいつの間にか・・・

そう言えば、お菓子も結局なにも食べなかったな・・・ (^^;)
ご利用は計画的に・・・どっかのCMみたいだ。

2006年8月16日 (水)

熱闘 甲子園

プロ野球不振が続く中、今、甲子園が熱いです。

個人的には元地元の早実を応援しているけれど、どのチームが勝っても喜び、
どのチームが負けても涙し、声の限りに応援をしているスタンドにもらい泣きし
ついつい、朝から晩まで見てしまいます。

今回気になっているのは、北海道の駒大苫小牧、沖縄 八重山商工の南北勢。
昨日の駒大苫小牧戦は外出で見逃したけれど、見事な逆転勝利。
第四試合の鹿児島工と香川西もすごく見ごたえがあったし。
香川西のピッチャーもすごくよかったな。どっちが勝ってもおかしくなかった試合。

昔、あだち充の「ああ、青春の甲子園」と言うマンガにはまり、何度も読み返したっけ。

さあ!今日は第一試合に早実!まもなくプレイボール!
今治西に八重山商工は智弁和歌山と!いい試合が見れそう。
第四試合の熊工も見逃せないし。

さあ!テレビ中継が始まったわ!
みんな、悔いのないように頑張ってね!応援しているよ!!!

2006年8月13日 (日)

セミと鳥のバトル

昨日の大雨がうそのような青空!
こんな日におうちにいちゃいかん!
今日は友達がうちに遊びに来てくれますが、お天気いいからどっかに連行しちゃおうかな?

埼玉県の片田舎に住む私の目下の最大の悩みは、昆虫。
足が5本以上の生き物は大嫌い。更に自分より早く歩く飛ぶのは絶対拒否。

今も庭の桜の木にミンミンゼミとへんなわけのわからない昆虫が群集しております。
せっかく専用庭が欲しくてマンションの1階を買ったのに、虫が怖くてほとんど庭には出られません。

虫嫌いの私でも、朝、網戸にしてセミの声や鳥の声に耳を傾けたりしますが、
最近、怖いのがジジジジジ・・ジジジ・・(セミの声) ギャーギャー(野鳥の声) ジジッ・・(セミ絶命の声)
とセミと鳥のバトルがあちらこちらで行われること・・(泣)。

家を出て30秒と歩かなくてもセミの羽、上半身などがぼろぼろ落ちている・・・
その中、いきなり飛び交うセミ 鳥・・・ 怖いよおお。
でも、セミの羽ってすごい幾何学模様!すてき。でも絶対にさわらない。
それを小さな体で必死に運ぶ1匹のあり。よく考えるとすごい力持ち!
特大のサーフボード持ってるみたい。

今年、うちの桜はアメリカシロシトリにやられ、穴だらけ。
 
部屋にありんこ1匹いただけで絶叫の私には恐怖の季節。

虫の少なかったイギリスが懐かしい、日本の夏です。

2006年8月 8日 (火)

ちょっとー

3週間ほど前、語学留学時代のスペイン人の友人から手紙が来ました。
当時のクラスは生徒の国籍のばらつきもよく、よくみんなでドライブに行ったり飲みに行ったり楽しい思い出がいっぱい。
あれから15年も経ってしまったけれど、私のロンドン駐在時代などもこのとき知り合った友達を訪問したり、うちに遊びに来てもらったりと親しい関係を続けてきました。
日本へ戻ってきてからはクリスマスカードを交わす程度になってしまったけれど、今でも大切な友達。

そんな友達の中の1人である彼からの久しぶりの手紙に半ばビックリ、半ばうれしい思いで手紙の封を切ると
彼の近況と共に
「先日、スピード違反をしてしまった。300ユーロの罰金を払わなければならないんだけど、
君の名前を貸してもらえれば、警察は外国にまでは手が及ばないはずなので、名前を貸して欲しい。」
と言うお願いが書いてありました。

しばし迷いましたが、やはり名前を貸すことはあまりいいアイディアではないと思い、手紙に書かれていた彼のメールアドレスに「申し訳ないが、名前を使わないで欲しい。」と返信しました。

それに対しての彼からの返事はないまま、「もしかしたら彼を怒らせてしまったかな?」なんて思いながら、先週の木曜日にスペインからの手紙が届きました。
全てがスペイン語とバスク語で書かれていて、よくわからないけれど、どうやらスペインのローカル交通局からの手紙で、
その手紙には違反をした車の写真が添付されていました。おそらく彼の言っていたスピード違反をカメラが撮影したものでしょう。
この手紙を手にしたとき、正直ビックリしたし、私が断ったにもかかわらずとった彼の行動をとても残念に思いました。
と同時に当然ですがとても困った・・・何が書いてあるかわからないし、無視するわけにもいかないだろうし・・・

15年前の印象ではスペインと言う国はかなり英語が通じにくく、特に彼の住んでいるのはマドリッドのような大都市ではなくバスク地方の小さな町。
こちらが英文で「私はスペインで運転もしていないし、ここ数年行ってすらいない」ことを書いても、果たしてちゃんと処理してもらえるのか心配。

ロンドンの友人のツテで手紙を訳してもらおうかと思ったり、色々しましたが、ある友人のアイディアで日本のスペイン大使館に相談をしてみることに。
日本人の女性が応対してくれ「ああ、お友達とかちょっとした知り合いがそう言った時に、名前を使うことってよくあるんですよー。
結構、そのまま無視する人も多いんですが、日本人の方は几帳面なので「今度スペインに行った時に何かあったらどうしよう?」などと
大使館などに相談される方が多いんですよー。」と、どっちかと言うと「そーんな気にしないでダイジョーブよー」くらいな口調で
「気になるなら、そのレターとスペインへ行っていないことを証明するパスポートのコピーをファックスしてください。」とのことにて、さっそくファックスをしたところです。
まだ、100%解決かはわからないけれど、とりあえずはちょっと安心。

でも!信じられなーい!人がヤダって言ってるのに!!!
「お国柄でよくあるんじゃないの?」と言う友達もいるけれど・・・
やっぱりイヤなものはイヤ!
彼にはそのレターが来た後に、「私の名前を使わないでって言ったのに、使われてとても残念だ。連絡がない場合は、
そちらの交通局に手紙を書いて、あなたから名前を貸して欲しいと言われたが断ったのに、使われた。と伝えます。
とメールをしたけれど、彼からメールは来ない・・・

仲良しだっただけにやはり正直ショックな出来事でした。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »