無料ブログはココログ

« 言わない | トップページ | World Cup始まる:イングランド戦 »

2006年6月 6日 (火)

はじけたら手術

 先日、人生で「初点滴」を受けたことをお話しましたが、その甲斐もなく、できものは破裂・・って程でもないですが

穴が開いて?汚い話ですがうみがジワジワと出てきました。1日絆創膏でがまんして、あらかじめ予約してあった、今朝病院に行きました。

「ありゃー、出てきちゃたかー、じゃ、切るしかないね。ソコ(ベッドを指さして)に仰向けに寝てください。」

って・・心の準備できてない~!!!と固まっている私を看護婦さんは優しくベッドへ連行。

今日は様子を見るだけのはずだったのに・・麻酔をチク・・ いてっ(;_;) でも、これは歯医者さんとそんなに変わらない。

メスを入れる感覚。痛くはない・・・ぐ・・え・・なんか棒でかき出し始めた (;。;) 「い・・痛いです~」と私。

「そうなんだよね、化膿してると麻酔効かないんだよね~」ってスマイルで言うな~っ!(背後でやってるから表情は見えなかったけど)

「わー、すごいね~、気持ちいい(うみと脂肪の固まり(これが本来の原因))くらい出る」と看護婦さんと共に背後でわいわい・・ だから痛いってば!

そしていきなり「はさみかして」と言うと、背後でチョキチョキ音がする・・

「な・・何やってんですかーっ!」ってな感じで30分程の地獄のような手術でございました。

半泣きの私は「もう、痛いことしませんね?」と念を押すと、「うーん、明日麻酔なしで傷口の中消毒するののが痛いかもー」。 Oh,No!行きたくありません・・

午後はおうちでおとなしくお昼寝して、テレビ見て、本読んで、ネット見て・・痛み止めの薬のせいかヘンな動きをしなければ痛くない。

けれどけれど!明日が怖い わたくしです。

と言うわけで、英語書く気力がすっかり萎えています。今度、怪我用語勉強しよっと。

こないだ馬にかまれて残る、右腕の青あざには気づかれなかったみたい。DVだとでも思われたらどうしようかと心配していたのですが・・・ (^^)

« 言わない | トップページ | World Cup始まる:イングランド戦 »

コメント

>>みゃ~さま

そふなのです・・
「昨日より痛くないよ」と今日の担当の先生の言葉にだまされて・・
昨日よりずっと痛いじゃないか~(泣)
麺棒・・・いえ・・・綿棒を傷口に突っ込まれてグリグリと・・・
青色吐息ってコレ?みたいな?

あさっても・・・なんですってーーーー。ひいいいいいい。

ほくろって馬鹿にしちゃいけないんですってねー。
発がん性があるものが多いとか?
顔半分って・・・恐怖ですよね。
私の親戚も多分同じ目にあってました。

大変な経験をしましたね。
私も以前同じような経験をしました。
顔にあったホクロが少しずつ大きくなって出血したので病院に行ったら「色素の異常があり、ほうっておくとメラノーマになり、顔半分切り取ることになる。」と脅され(?)、手術日が即決定。
当日は患部のみを露出した布が顔にかけられ何かが始まった。
「背後でわいわい…」と同じ状態が顔の前で…。
完治した今、過去はすっかり忘れていたけれども、悪夢は甦ってくるものですね。
今日は麻酔無しで…。 キャー!!
ただただ無事に完治することを祈ります。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92026/2105092

この記事へのトラックバック一覧です: はじけたら手術:

« 言わない | トップページ | World Cup始まる:イングランド戦 »